カリスマ/Charisma

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Charisma / カリスマ (青)(青)(青)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(クリーチャー)
エンチャントされているクリーチャーがクリーチャー1体にダメージを与えるたび、カリスマが戦場に出続けているかぎり、後者のクリーチャーのコントロールを得る。


青マナトリプルシンボルなので色拘束がかなり厳しく、単色デッキ以外では使用は難しい。だがその分能力は強力で、のたうつウンパス/Thrashing Wumpusなどの全体にダメージを与えるクリーチャーつけるとほぼすべてのクリーチャーのコントロールを奪えてしまう。

上記のコンボを軸とした「カリスマウンパス」というデッキが一時考案されたが、やはりその色拘束は厳しく、トーナメントレベルには至らなかった。

また、同じ時代のスタンダードで複数の対象にダメージを与えられるクリーチャーには、かのマスティコア/Masticoreも存在した。マスティコア自体が除去耐性があり、カウンターを擁するというとの組み合わせなので、この「カリスマスティコア」デッキはかなり強そうな気がするが、やはり全く流行らなかった。結局マスティコアそのものが単体で戦場を支配するほど強いのでオーバーキルになってしまうのだ。デッキを調整しているとカリスマが自然と抜けてしまう。

能力は強力なのだが、よき相棒に出会わず、それほど活躍する事なくスタンダードを去っていってしまった。

  • カリスマ/Charisma」とは、元はギリシャ語で、神の賜物という意味。超人間的な資質のことである。転じて人の心を惹きつける強い魅力という意味もある。イラストは、武芸の達人であるジェラード/Gerrardの軍事指導者としての超人間的資質の表れたシーンといったところか。
  • メルカディアン・マスクス発売前後に、「カリスマ美容師」という言葉が流行り、日本人に「カリスマ」の意味が浸透し始めた。カード名が日本語で「神から賜わった才能」という意味に類する言葉に訳されなかったのは、少なからずそう云った背景があるものと思われる。

[編集] 参考

QR Code.gif