耳の痛い静寂/Deafening Silence

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
7行: 7行:
 
その上、「自分も影響を受ける」「そのせいで、これを[[唱える|唱えた]][[ターン]]に自分が他の呪文を唱えられない」という弱点も自身がクリーチャー主体の[[デッキ]]であるならば大幅に緩和されているので、従来この手のカードを採用しづらかった[[ウィニー]]や[[アグロ]]でも使えるのは大きな利点。
 
その上、「自分も影響を受ける」「そのせいで、これを[[唱える|唱えた]][[ターン]]に自分が他の呪文を唱えられない」という弱点も自身がクリーチャー主体の[[デッキ]]であるならば大幅に緩和されているので、従来この手のカードを採用しづらかった[[ウィニー]]や[[アグロ]]でも使えるのは大きな利点。
  
特に[[モダン]][[エターナル]]など高速[[コンボ]]が蔓延る環境では、影響範囲こそ多少限定されるものの1ターン目から広範なコンボデッキに能動的な妨害をかけられる点が最大の利点。
+
[[パイオニア]]以下の[[フォーマット]]では強力かつ高速な[[コンボ]]が蔓延っているため、影響範囲こそ多少限定されるものの1ターン目から広範な[[コンボデッキ]]に能動的な妨害をかけられる点を買われ、多くの白入り[[フェアデッキ]][[サイドボード]]に採用されている。ただし[[食物連鎖]]や[[アルーレン]]などクリーチャー呪文主体のコンボには効果がないため、[[メタゲーム]]によっては[[エメリアのアルコン/Archon of Emeria]]や[[エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist]]等との使い分けが要求される。
 
+
[[レガシー]][[Death & Taxes]]をはじめ[[構築]]での採用実績も散見される。ただし[[食物連鎖]]や[[アルーレン]]などクリーチャー呪文主体のコンボには効果がないため、[[メタ]]によっては[[エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist]]等との使い分けが要求される。
+
  
 
一方で[[リミテッド]]においては、[[出来事]]の存在で非クリーチャー呪文の比率も低くないとはいえ、大半はクリーチャー主体のデッキ同士の対決となるためこれが活躍する場面はほぼなく、[[エルドレインの王権]]のカードの中でも優先度は最低クラス。
 
一方で[[リミテッド]]においては、[[出来事]]の存在で非クリーチャー呪文の比率も低くないとはいえ、大半はクリーチャー主体のデッキ同士の対決となるためこれが活躍する場面はほぼなく、[[エルドレインの王権]]のカードの中でも優先度は最低クラス。

2022年1月6日 (木) 01:43時点における最新版


Deafening Silence / 耳の痛い静寂 (白)
エンチャント

各プレイヤーは、毎ターン1つしかクリーチャーでない呪文を唱えられない。


クリーチャー呪文を制限しなくなった代わりに2マナ軽くなった法の定め/Rule of Law

1マナという非常に軽いコストながら、ストームデッキに代表される大半のループコンボチェイン・コンボを機能不全にできる。 白単色のコンボ妨害パーマネントは2マナ以上が相場であるため、それらよりも軽く1ターン目から妨害可能なこのカードは画期的といえる。 その上、「自分も影響を受ける」「そのせいで、これを唱えたターンに自分が他の呪文を唱えられない」という弱点も自身がクリーチャー主体のデッキであるならば大幅に緩和されているので、従来この手のカードを採用しづらかったウィニーアグロでも使えるのは大きな利点。

パイオニア以下のフォーマットでは強力かつ高速なコンボが蔓延っているため、影響範囲こそ多少限定されるものの1ターン目から広範なコンボデッキに能動的な妨害をかけられる点を買われ、多くの白入りフェアデッキサイドボードに採用されている。ただし食物連鎖アルーレンなどクリーチャー呪文主体のコンボには効果がないため、メタゲームによってはエメリアのアルコン/Archon of Emeriaエーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist等との使い分けが要求される。

一方でリミテッドにおいては、出来事の存在で非クリーチャー呪文の比率も低くないとはいえ、大半はクリーチャー主体のデッキ同士の対決となるためこれが活躍する場面はほぼなく、エルドレインの王権のカードの中でも優先度は最低クラス。

[編集] 参考

QR Code.gif