宝石の手の汚染者/Gempalm Polluter

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Gempalm Polluter / 宝石の手の汚染者 (5)(黒)
クリーチャー — ゾンビ(Zombie)

サイクリング(黒)(黒)((黒)(黒),このカードを捨てる:カードを1枚引く。)
あなたが宝石の手の汚染者をサイクリングしたとき、プレイヤー1人を対象とする。あなたは「そのプレイヤーは、戦場に出ているゾンビ(Zombie)の数に等しい点数のライフを失う」ことを選んでもよい。

4/3

の宝石の手のクリーチャーは、ゾンビの数だけ対戦相手ライフ失わせる。同サイクル宝石の手の焼却者/Gempalm Incineratorクリーチャー限定であるが、こちらはプレイヤー限定(同ブロック火花鍛冶/Sparksmith腐敗を導く者/Shepherd of Rotと同じ関係)。

リミテッドではそこそこのサイズと、サイクリングしながら、ピックによっては最後の2〜3点を削れるので、便利なクリーチャー。構築ではこれを採用しているゾンビデッキもあった。

クリーチャーとしての質は最低ランクで、ほぼ戦場に出ないクリーチャーだが、サイクリング誘発型能力打ち消されにくい上に軽減不能かつカードの損失なしと高性能。序盤、中盤で使っても十分で、終盤にはとどめとしても機能する。

また、特に邪悪な岩屋/Unholy Grottoと強烈なシナジーを形成する。サイクリングが解決される前に邪悪な岩屋の能力を起動すればすぐさまこれを引く事ができる。

  • 墓石の階段/Tombstone Stairwellとの相性は上々。対戦相手のデッキタイプによっては2桁のライフを削るのも夢ではない。
  • サイクル中これと宝石の手の焼却者は能力が任意。カードを引きたいだけの場合、自爆を防ぐためであろう。

関連カード

サイクル

レギオンの宝石の手サイクル部族関連のサイクリング誘発型能力を持つクリーチャー

参考

QR Code.gif