Rebecca Guay

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

レベッカ・ゲイ(Rebecca Guay)は、マジックアーティスト。女性。マサチューセッツ(Massachusetts)北部に生まれる。年齢はDuelist誌16号(1997年4月号)において26歳と紹介されている(より正確な情報を求めています)。

初出はアライアンスで、当時の代表作はKaysaイラスト)である。水彩を主とした淡い色彩と、柔らかなタッチ、ミュシャを思わせるようなデザインで全世界のプレイヤーやコレクターに人気が高い。しかし、そのためにコレクションの競争もことに熾烈である。

ゲストアーティストとしての初来日は2002年のショップ主催の大会(Big Cup レベッカ杯)であった。公式イベントでの来日は、10年後のグランプリ名古屋12で初めて実現することとなる。過去にグランプリ京都99のゲストアーティストとして招かれたことがあるが、ハネムーンの予定とかち合ってしまい、来日は実現しなかった。

スカージ以降では他のマジックのイラストと雰囲気が合わないとのことで解雇騒動が勃発。プレイヤーたちからの反響はすさまじく、数日でこの不採用は一時的なものであるとWotCが発表。「解雇反対」の声は本人からも感謝のメッセージが届くほどだった(mtgnews)。ただし、この解雇騒動は一部ファンが煽った結果の誇張であったようで、公式には否定されている(参考 2/7記事参照)。それでもアートディレクターの更迭にまで発展し、彼女も神河物語以降無事に復帰している。

基本セット2010再びの生/Regenerateイラスト)、From the Vault:Exiledチャネル/Channelイラスト)からは長らく、マジック向けの新規イラストは披露されていなかった。しかし、2012年にゲストアーティストとして参加していること、統率者2016基本土地のイラストを描き下ろした事などから、WotCとの関わりが再び絶たれたわけではないようである。

彼女のイラストはマジックだけでなくWotC製の他のカードゲームや、ファンタジー小説のカバーイラスト、RPG関連書籍の挿絵などで見ることができる。洋書を扱う本屋で購入できるものもあるようだ。

  • Duelist誌 No.16のインタビューによれば、彼女の名字は"Gay"と発音するとのこと。Guyではないようだ。
  • 実は、ミラディン・ブロックのイラスト製作と重なる時期に自分の娘のための絵本を製作していた。画風に合わない仕事を無理強いして回されるよりは、いい気分転換になったのではないかと想像する次第。
  • 彼女がイラストを担当したアンヒンジドPersecute Artistイラスト)は、彼女がイラストを描いたカードだけは捨てさせることができない。そのことに関して、FAQでは以下のように書かれている。

 Q.どうしてレベッカ・ゲイを選べないんですか?  A.まだ迫害したいの?

  • 彼女の描いた作品にはオーバーサイズドカードと呼ばれるカードにセラの天使/Serra Angelがある。このカードは通常サイズで存在していないうえに、入手が難しいこともあり、コレクターの中では最も人気のあるものとなっている。(カード画像
  • 手掛けた作品は「自然」のたるのカードが最も多く、(彼女のタッチとは正反対であろう)「激情」の色たるのカードは数えるほどしか描いていない。

[編集] 手がけた有名なカード

[編集] 来日記録

[編集] 参考

QR Code.gif