ルール適用度

提供:MTG Wiki

RELから転送)
移動: 案内, 検索

ルール適用度/Rule Enforcement Levelとは、認定大会において「ルールがどの程度厳密に適用されるか」を表したもの。略称はREL。かつてはペナルティ・ガイドラインで、現在ではマジック違反処置指針で規定されている。

ルール適用度は3段階がある。それぞれのルール適用度ごとに標準的なペナルティの基準、運営に必要とされるジャッジのレベル、デッキリストやデッキ・チェックの必要性、適用されるプレインズウォーカーポイント倍率などが決まっている。各段階の対象イベントは高い方から順に以下の通り。

上記の通り、ショップ主催のイベントなど、大半の認定大会は一般イベントとして開催されている。これは大会に参加した経験のないプレイヤートーナメントに慣れてもらうことを目的としていることを意味している。

ルール適用度が高ければ高いほど同じミスでも課せられるペナルティは大きくなるが、決して「ルールが厳しいと細かいところまで粗を探すようになる」というわけではない。日本選手権98のように「アタックの宣言を忘れただけで即警告→ゲームロス」のような「違反を犯さないためのゲーム」を繰り返さないためにも、単純なルールの誤認に対しては寛容な対処を行い、いかさまや大会運営の妨害に対しては断固とした処罰を与えるのがDCIの基本理念である。これはどのルール適用度でも変わらない。

  • ルール適用度が高い大会は競技色がより強くなり、参加するためには予選で権利を勝ち取るなどの資格が必要とされるようになることが多い。
  • 2007年3月10日の改訂前は1~5の5段階であった。
  • 2010年7月1日からは、ルール適用度が一般であるイベントはマジック違反処置指針ではなくマジック一般イベント用問題解決法(現在の一般ルール適用度(REL)用ジャッジ法)を参照するようになった。

[編集] 参考

QR Code.gif