マジック違反処置指針

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

マジック違反処置指針/Magic: The Gathering Infraction Procedure Guideとは、マジックトーナメント中に発生した違反をどのように対処するかについて書かれた文書。略称はIPG。基本的にはジャッジに向けて書かれた文書である。2009年7月1日をもって、ペナルティ・ガイドラインを元に新たに作成された。

ルール適用度(REL)の規定、デッキリストの登録ミスや遅延行為などの違反の分類、各違反に対する懲罰などについて書かれている。

本文書は競技性の強いイベントを想定しており、ルール適用度が「一般」であるイベントに対しては、2010年7月1日より新たに「マジック一般イベント用問題解決法(一般ルール適用度(REL)用ジャッジ法の旧称)」という文書が発行されたため、そちらを用いる。ただし、懲罰に対する基本的な理念については本文書に詳細に記載されているため、それを知りたい場合には本文書を参照してもよい。

最新の内容は、以下のリンクから各自で確認してほしい。

英語版
日本語版

[編集] 参考

QR Code.gif