虚報活動/Disinformation Campaign

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Disinformation Campaign / 虚報活動 (1)(青)(黒)
エンチャント

虚報活動が戦場に出たとき、あなたはカードを1枚引き、各対戦相手はそれぞれカード1枚を捨てる。
あなたが諜報を行うたび、虚報活動をオーナーの手札に戻す。


蝶番はずし/Unhinge相当のETB能力を持つ青黒エンチャント諜報を行うことで再利用できる。

単体では色拘束の強い蝶番はずし相当でまずまずと言ったところだが、諜報と併用することでさらなるハンド・アドバンテージを稼ぐことができるのが特徴。諜報の特性上さらなる諜報持ちを探し当てやすくなるため、適切なデッキであれば比較的容易に手札戻す事ができる。特に継続的に諜報を行える夜帷のスプライト/Nightveil Spriteなどとは抜群の相性を誇る。

リミテッドでは非常に強力。青黒を選ぶならば諜報持ちカードには事欠かないため、一度も再利用できないということは稀で、安定してアドバンテージ源として運用できる。前述の通り単体でも蝶番はずし相当であるため、諜報持ちカードの枚数に不安があっても積極的に採用したい。

スタンダードでも活躍の目はあるが、マナ・コストおよび効果ビートダウンデッキに対してやや緩慢なのが難。どちらかと言えば対コントロールデッキ用のサイドボード要員に向いているか。それでも、青黒デッキパワーを引き上げたカードの1つとなっており、ディミーア諜報という活躍の場を手に入れた。ラヴニカの献身参入後は、何度も唱えられる多色カードという点が第1管区の勇士/Hero of Precinct Oneとよく噛み合うことから、エスパー・ヒーローに採用されている。

[編集] 参考

QR Code.gif