流れ込む知識/Rush of Knowledge

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Rush of Knowledge / 流れ込む知識 (4)(青)
ソーサリー

あなたがコントロールするパーマネントの点数で見たマナ・コストの中で、最も大きい点数に等しい枚数のカードを引く。


重いパーマネントコントロールしていると大量に引けるドロー呪文

妙計/Brilliant Plan連絡/Tidingsと比較すると、4枚引ければ十分なパフォーマンスといえる。デッキの構造自体を調整する必要のある連合戦略/Allied Strategiesよりは大量ドローを狙いやすい。しかし、重いフィニッシャー級のパーマネントをコントロールしていればドローも必要がない場合もある。また、引ける枚数が不安定であり、対応してパーマネントを除去されると苦しいため、構築ではあまり見かけない。

リミテッドでなら4枚くらい引くのも難しくないのでかなりの強さ。大量に引きたければ、軽蔑する利己主義者/Scornful Egotistとセットで。

パウパーでは、見た目上点数で見たマナ・コストが大きい親和を持つカードと相性がいいため、初期の親和デッキでしばしば採用されていたが、金属術持ちのカードやエイトグ/Atogが登場すると、それらが多くの親和持ちカードに代わって投入されていったため、このカードも次第に採用されなくなっていった。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

スカージの、パーマネント点数で見たマナ・コストの最大値を参照するカードサイクルのみ2枚存在する。

[編集] 参考

QR Code.gif