没収/Dispossess

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Dispossess / 没収 (2)(黒)
ソーサリー

対戦相手1人を対象とする。アーティファクト・カード名1つを選ぶ。そのプレイヤーの墓地と手札とライブラリーから、選ばれた名前を持つカードを望む枚数探し、それらを追放する。その後、そのプレイヤーは自分のライブラリーを切り直す。


1マナ軽くなった代わりにアーティファクト限定になった記憶殺し/Memoricideの亜種。

対象が狭いものの、特定のアーティファクトに頼ったデッキを強くメタる場合には軽くなったことの利点のほうが大きい。対戦相手がアーティファクトを使っていなければ腐ってしまうのでメインデッキからは使いにくく、サイドボード向けのカードと言えるだろう。

登場時のスタンダードではカラデシュ・ブロックの強力なアーティファクト群が幅を利かせているのでそれらへの対策として機能する。青赤電招霊気池の驚異など、特定のアーティファクトをキーカードにしたデッキに対して特に有効。霊気池の驚異/Aetherworks Marvel禁止後の環境でも、王神の贈り物/God-Pharaoh's Gift対策としてサイドボードに採用されている。

対戦相手のデッキ構成が分かりづらいリミテッドでは使いづらい。サイクルなどデッキの中核になりそうなアーティファクトが見えたらサイドインを考慮する程度だろう。

[編集] 参考

QR Code.gif