汚れた契約/Tainted Pact

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Tainted Pact / 汚れた契約 (1)(黒)
インスタント

あなたのライブラリーの一番上のカードを追放する。このカードが、これにより追放された他のカードと同じ名前を持たないかぎり、あなたはこのカードを自分の手札に加えてもよい。あなたがカードを手札に加えるか、同じ名前のカードを2枚追放するかするまで、この手順を繰り返す。


多少複雑な物言いになっているが、要は「ライブラリーの上からどんどんめくっていって、好きなカードが出たらそれを手札に加えてよいが、その前に同カードが2枚出てしまったら何も得られずそこで終了」という、一種のサーチカードである。

かつてのDemonic Consultationを連想する効果。それと比べると、汚れた契約はカードを指定できない分確実性に欠けるが、その代わり、めくったカードを見てから決められるので、サーチしようとしていたのと別の重要カードが全滅という恐れも無い。

オデッセイ・ブロック黒コントロールでは序盤用のドロー調整カードとして、さながら選択/Optのように使われていた。

基本土地のせいでどうしても同名カードが多くなってしまい、このカードでのサーチをストップさせがち。多色デッキの方が同じ基本土地の枚数が少なくなるため、よりこのカードを活かすことができる。みのむしぶらりんしゃんなど基本土地をほとんど使わない構成のデッキでは、実際に採用されている。

  • 当然のことだが、得られるのは最後にめくった1枚だけなので注意。

[編集] 参考

QR Code.gif