死の火花/Death Spark

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Death Spark / 死の火花 (赤)
インスタント

クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。死の火花はそれに1点のダメージを与える。
あなたのアップキープの開始時に、死の火花があなたの墓地にあり、そのすぐ上にクリーチャー・カードがある場合、あなたは(1)を支払ってもよい。そうした場合、死の火花をあなたの手札に戻してもよい。


墓地から手札に戻すことができる火力呪文。同時期に存在していた稲妻/Lightning Boltと比べると威力面ではかなり見劣りしてしまう。再利用についても墓地のカード順を意識する必要があるため、それなりに手間がかかる。

上記のような理由から、作られた当時は、使われることはほとんどなかった。だが時代が変わった今日では、繰り返し使用可能な除去として、数多くはないが、エターナル環境で暗黒破/Darkblastと並んで使用されている。また、Masters Edition 2コモンとして再録されたため、Pauperでも活躍する。ゴブリンや赤黒の拷問生活などで再利用可能な火力として採用される場合がある。

  • 墓地に複数枚重なっている死の火花の真上にクリーチャー・カードがある場合、かつては「アップキープの間に」戻すこととなっていたため、全ての重なっている死の火花を戻すことができたが、第6版ルールからこの誘発型能力のテキストが一律「アップキープの開始時に」と変更されたこと、およびif節ルールの制約を受けるようになったことから、1ターンで1枚しか戻せなくなった。

[編集] 参考

QR Code.gif