金ゲー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

金ゲーとは、より多くの資金をつぎ込んだほうが有利になるゲームのこと。主に蔑称として扱われる。資産ゲー、Pay to Win(P2W)とも。

[編集] 解説

マジック:ザ・ギャザリングを含めトレーディングカードゲームは、デッキを作るためにカードを集める必要があるが、稀少度や人気が高いカードは高額になる傾向があり、資金が足らないとそれらのカードをデッキに入れるのを諦めなければいけない場合が多い。このことから、よく「トレーディングカードゲームは金ゲーである」と評される。

また、リミテッドではその場で手にしたカードでデッキを作るため、カードの入手を諦めざるを得ないという事態は発生しないものの、プレイの度にブースターパックなどを使うため、「やるだけで金がかかり、資金がないと練習もままらない」とこちらも金ゲーとされることが多い。

これらは運ゲー同様、トレーディングカードゲームの宿命とも言われている。

  • もっとも、リミテッドは「開けたブースターの内容を逐一メモ」すればブースターの中身を再現可能なので、ある程度のデータが集まれば資金がなくても工夫次第で練習はできる。また、ブースター・ジェネレーターを使用するのも手である。
    • 例えば、同じブースター6パックによるシールド戦の場合、8パック分のデータがあれば28通り、12パック分なら924通りのカードプールができる。
  • 国産ゲームではサーチが可能だったり、カートン購入である程度安定してカードを揃えられたりするが、MTGではどちらも不可能であるため金ゲーである傾向が強いと言われる。
  • コンピュータゲームにおいても、トレーディングカードゲームを手本として、有料アイテム等で戦力を補強するタイプのゲームが主にアーケードゲームやソーシャルゲームで登場しており、基本無料で対戦要素のあるゲームは大半がP2Wとなっている。排出されるカードが(IDと紐づけされるなどして)トレードできないコレクタブルカードゲームも存在し、こちらはさらにP2Wの要素が強くなってくる傾向にある。

[編集] 参考

QR Code.gif