情熱的な扇動者/Impassioned Orator

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Impassioned Orator / 情熱的な扇動者 (1)(白)
クリーチャー — 人間(Human) クレリック(Cleric)

他のクリーチャーが1体あなたのコントロール下で戦場に出るたび、あなたは1点のライフを得る。

2/2

アジャニの歓迎/Ajani's Welcomeを内蔵した人間クレリック

2マナ2/2にこの能力が内蔵されているのは額面では強いのだが、システムクリーチャー戦闘に参加させることがそもそも少ないことを考えると、構築では除去耐性が低いだけのアジャニの歓迎になりがち。5枚目以降のアジャニの歓迎として使うか、民兵のラッパ手/Militia Bugler手札に加えられるなどクリーチャーであることを活かせる構築での採用が望ましい。

例によってアジャニの群れ仲間/Ajani's Pridemateと相性が良く、併用するともりもり育てることができる。

クリーチャー主体になるリミテッドでは、立たせておくだけでそこそこのライフ・アドバンテージが望める。トークンでも誘発するため死後持ちと相性が良く、粘り強くロングゲームを目指すオルゾフカラーデッキの戦略にピッタリ当てはまる。性質上できるだけ長く維持したいところだが、後続のブロッカー引けていない場合など、相討ちしたほうがかえってライフを節約できる場面もあるのでよく考えて運用したい。

  • 主な亜種については魂の管理人/Soul Wardenを参照。
  • 日本語版のカード名は適切な訳とは言えない。oratorは「演説者」「雄弁家」といった意味で、必ずしも「扇動する者」ではない。過去のカードでの定訳は「語り部」。

[編集] 参考

QR Code.gif