平等化/Balancing Act

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Balancing Act / 平等化 (2)(白)(白)
ソーサリー

各プレイヤーは、自分がコントロールするパーマネントを、コントロールするパーマネントの数がもっとも少ないプレイヤーと同じ数だけ選ぶ。その後残りを生け贄に捧げる。同じ方法で、各プレイヤーはカードを捨てる。


天秤/Balanceの修正版。

手札に関しては変わっていないが、土地クリーチャーが「パーマネント」とひとくくりにまとめられている。そのため、本家では無理だったエンチャントアーティファクト、また後世のカードだがプレインズウォーカー除去できる可能性もある。

本家よりもマナ・コスト重く自分への被害だけを減らすという使い道がしづらくなった。しかし、自分がコントロールするパーマネントを極限まで減らしておくことで、リセットとしての性能はより向上したと言える。この性質を利用して、サクリファイスランドから唱えるターボバランスが作られた。

[編集] 参考

QR Code.gif