威厳あるカラカル/Regal Caracal

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Regal Caracal / 威厳あるカラカル (3)(白)(白)
クリーチャー — 猫(Cat)

あなたがコントロールする他の猫(Cat)は+1/+1の修整を受けるとともに絆魂を持つ。
威厳あるカラカルが戦場に出たとき、絆魂を持つ白の1/1の猫クリーチャー・トークンを2体生成する。

3/3

ロードあなたの猫に+1/+1の修整絆魂を与える。さらにCIP訓練されたカラカル/Trained Caracalと同性能のトークンを2体生成する。

本体とトークンを合わせて5マナで7点のクロックになり、単体除去では対処しきれないため、これだけで使ってもそれなりに強い。他に猫がいればさらに強力になるが、登場時のスタンダードで使える猫はよりに多い。緑白の猫デッキを組むのもありか。スタンダードではアモンケット発売直前に、でありCIPを持つこのカードと相性の良い守護フェリダー/Felidar Guardian禁止カードになってしまったのが残念。

スタンダードでは、青白コントロールサイドボードに採用される場合がある。

  • これ自身は絆魂を持たないことに注意。
  • 生成されるトークンはもとから絆魂を持っているので、1つ目の能力により二重に絆魂を持つことになる。ただし、絆魂が重複しても意味はない。

[編集] 開発秘話

猫のロードには過去に黄金の若人ラクシャ/Raksha Golden Cubが存在していたが、ロードとしては使い勝手が悪く、より強力な猫のロードを作ることは長年の目標であった。古代エジプト人は猫を神聖視しており、エジプトをモチーフとしたアモンケットは猫のロードを作る絶好の機会だったため、威厳あるカラカルが作られるに至った。当初は本体は猫ではなく人間で、絆魂を与える能力は持っていなかった[1]

[編集] 脚注

  1. Amonkhet Talking, Part 3/『アモンケット』語り その3(Making Magic 2017年5月8日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

QR Code.gif