占者の保管箱/Diviner's Lockbox

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Diviner's Lockbox / 占者の保管箱 (4)
アーティファクト

(1),(T):カード名1つを選び、その後あなたのライブラリーの一番上のカードを公開する。そのカードがその選ばれた名前を持っているなら、占者の保管箱を生け贄に捧げカードを3枚引く。この能力は、あなたがソーサリーを唱えられるときにのみ起動できる。


魔術師の金庫/Sorcerer's Strongboxの別バージョン。あるいはアーティファクトになったMise

完全に運否天賦だった先達に比べ、こちらは工夫によって解錠率を上げる余地が大いにある。一方で、ただ闇雲に起動するだけでは成功はおぼつかなくなった。

「占者の」というだけあって、占術とは相性がよい。おあつらえ向きに同セットで神殿再録されているが、構築でなら他に強力なドローソースが選択できるため、主戦場はリミテッド

しかし意外なことに、基本セット2020コモンで占術ができるのは予言ダコ/Octoprophet1枚のみである。そして青ならばこれに頼らずとも優秀なドローソースを十分確保できることだろう。リミテッドではカード・アドバンテージが重要だからといって、見切り発車でピックすると相方が確保できない可能性が高い。起動コスト自体は軽いので気長に基本土地を指名し続けるのも一つの手ではあるが。

[編集] 参考

QR Code.gif