偽りの治療/False Cure

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

False Cure / 偽りの治療 (黒)(黒)
インスタント

ターン終了時まで、プレイヤーがライフを得るたび、そのプレイヤーは得たライフ1点につき2点のライフを失う。


対抗色であるの得意技、「ライフ獲得」を目の敵にした対策系呪文

相手がライフゲインしない限り効果を得られないため、腐る可能性も高く、単純には使いづらい。

ただし、登場した当時のオンスロート・ブロックには優秀な回復手段がひしめいていたため、このような限定的な効果の呪文でも「全くの場違い」だったとは言い切れない。実際の所は効果が1ターンきり、かつ相手のライフ獲得に対応して使わなければならないという点が問題だったようで、妨害には硫黄の渦/Sulfuric Vortexの方がよく採用されていた。

フィフス・ドーン後は不死の標/Beacon of Immortalityとのギミックによる一撃必殺が可能になり、フォルス・インモータリティというコンボデッキ等でも見られるようになった。また旧エクステンデッドでは、ループ・ジャンクションセファリッド・ライフに対する有力なサイドボードとして活躍した。

[編集] 参考

QR Code.gif