予兆/Foreshadow

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Foreshadow / 予兆 (1)(青)
インスタント

対戦相手1人を対象とし、カード名を1つ選ぶ。その後、そのプレイヤーはカードを1枚切削する。これによりその選ばれた名前を持つカードが切削されたなら、あなたはカードを1枚引く。
次のターンのアップキープの開始時に、カードを1枚引く。


ライブラリー破壊系のスロー・トリップ呪文。1枚切削するが、それが指定したカード名ならば追加でドローできる。

ライブラリー破壊はささいな効果なので、上手く2枚ドローできるような状況にしたい。最も有効なのが記憶の欠落/Memory Lapseとの組み合わせであり、記憶の欠落の「状況を先延ばしにしただけ」という弱点も補うことができる。また、教示者対策としてもそれなりに有効。

  • 「教示者対策」としての価値は、第6版ルール以降になって生まれたもの。このカードが作られた時代のルールでは、相手がきちんとしたプレイングをすればこれは教示者対策にはならなかった。
  • リメイクされ予報/Predictとなる。自分対象にできるようになったので、2枚ドローが格段にしやすくなった。ちなみに予報以前にも銀枠Miseという亜種が登場している。

[編集] 参考

QR Code.gif