ルーンの与え手/Giver of Runes

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Giver of Runes / ルーンの与え手 (白)
クリーチャー — コー(Kor) クレリック(Cleric)

(T):他の、あなたがコントロールしているクリーチャー1体を対象とする。無色か色1色を選ぶ。ターン終了時まで、それはプロテクション(その選ばれた性質)を得る。

1/2

ルーンの母/Mother of Runesリメイクであるコークレリック

タフネスが上がり無色からのプロテクションも付加出来るようになったが、自身にプロテクションを与えることはできなくなった。モダン環境の一角を占める親和デッキエルドラージデッキにも有効だが、単体で無敵のブロッカーになれたり除去するには二段構えにする必要があった本家と比べると対戦相手への牽制力は劣る。

ルーンの母と共存できるレガシーでの比較は興味深い。主に採用されるデッキはDeath & TaxesMaverickだろうが、部族人間とコーで違うことから、魂の洞窟/Cavern of Soulsとのシナジーや同セットの疫病を仕組むもの/Plague Engineerへの耐性などで差が出てくる。幸いにもコーには強力な石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mysticもいるため魂の洞窟で指定する際には困らないだろう。

タフネスが1上がったことも大きく、環境に溢れるタフネス1に対する全体除去の中でも、特に致命的な硫黄の精霊/Sulfur Elemental夜の戦慄/Dread of Nightによって盤面が壊滅してしまう事態は避けられる。レンと六番/Wrenn and Six登場後はあちらの-1能力1回で落ちないそのタフネスにより評価が上がっており、Death & Taxesではルーンの母からこちらへ総入れ替えするケースも見られるようになった。

他にも、土地は無色であるため、環境に一定数存在するイス卿の迷路/Maze of Ithカラカス/Karakasに対してもある程度耐性を付けられるのも大きな違いである。その際は無色を指定すると装備品が外れてしまうことは注意したい。

[編集] 参考

QR Code.gif