パーフォロスの試練/Ordeal of Purphoros

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ordeal of Purphoros / パーフォロスの試練 (1)(赤)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(クリーチャー)
エンチャントされているクリーチャーが攻撃するたび、その上に+1/+1カウンターを1個置く。その後、その上に+1/+1カウンターが3個以上置かれているならば、パーフォロスの試練を生け贄に捧げる。
あなたがパーフォロスの試練を生け贄に捧げたとき、クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。パーフォロスの試練はそれに3点のダメージを与える。


テーロス試練。試練達成の褒賞は火山の鎚/Volcanic Hammer

クリーチャーサイズを上げ最後には火力を叩き込むと、まさに赤の攻撃性を体現したようなオーラ。威力も3点と決して小さくないため、ブロッカーの排除としても本体火力としても優秀。一方で、赤は除去耐性やクリーチャーを守る手段に長けたではないため、3回も殴る必要があるという隙を何らかの手段で埋めたいところ。構築ならば、解鎖を持ったクリーチャーと組み合わせるとよいだろう。初めから+1/+1カウンターが1つ乗っているため速やかに試練を達成できるし、解鎖したクリーチャーは攻撃することが前提であるので試練によるサイズアップも噛み合っている。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

テーロス試練サイクルエンチャントされているクリーチャー攻撃するたびに+1/+1カウンターを置き、+1/+1カウンターが3個以上置かれると生け贄に捧げられ、何らかの効果を発揮する。

[編集] 参考

QR Code.gif