トカシア/Tocasia

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

トカシア/Tocasiaウルザ/Urzaミシュラ/Mishra、少年時代の2人の師匠。古いカードには「トケイジア」と書かれているものもある。

目次

[編集] 人物

アーギヴィーア暦/Argivian Reckoningが始まるより前のドミナリア/Dominariaに生まれた人間の女性。考古学者である彼女は、スラン文明とアーティファクトについて詳しい。沙漠の民ファラジの一部族からも尊敬と協力を受け、スラン文明の遺跡発掘を行うキャンプを沙漠のはずれに設営した。そこではアルガイヴ/Argiveの社交界にデビューする直前の若い貴族の子弟を預かり、都会から離れた土地での風変わりな体験をさせるとともに貴族社会とのコネクションを維持していた。

公式小説『The Brothers' War』中では”old woman”と記されており、2人の兄弟の幼少時から既に年配の女性(つまりオバさん)であった事実がわかる。小野敏洋著のコミック『マジック URZA&MISHRA』では、うってかわって若くて美人のグラマーなお姉さんとして改変されて描かれている。

[編集] 兄弟との交流

AR10年頃、トカシアのキャンプをウルザとミシュラの兄弟が、彼らの父親に連れられて訪れる。兄弟の父親とトカシアは旧知の仲であった。兄弟の父に頼まれ、兄弟のことをあまり快く思っていなかった彼らの義母(兄弟の父親の再婚相手)に代わり、兄弟たちを引き取り育てる。それ以降トカシアは2人の兄弟の面倒を見る実質的に育て親の様な存在となり、一方で兄弟もトカシアのことをまるで実の母親の様に慕った。トカシアは兄弟たちにこの世界で生きる上で必要な知恵やキャラバン隊のキャンプで生活する上でせねばならぬ仕事など、様々なことを兄弟たちに身に着けさせる師匠となった。またトカシアは自身がその手で創作したり、復元したりしたオニュレット/Onuletぶどう弾カタパルト/Grapeshot Catapult、頭だけのSu-Chiなどの様々なアーティファクト・クリーチャーを見せながら、古代スラン文明やアーティファクトに関する知識を兄弟たちに教え、学ばせた。こうして2人の兄弟はトカシアの下で、工匠としての技術や心得を学んで育った。

AR20年、コイロスの洞窟で兄弟が石を見つけた数年後、兄弟がお互いの石を手に入れようと争った時に、二つの石の魔力に引き裂かれ、死亡。

[編集] 次元の混乱

異なる歴史を刻む平行世界では、ウルザ/Urzaミシュラ/Mishraの兄弟にアーティファクトではなく純粋な精霊魔法/raw elemental magicのレッスンをしている。このことから、正しい歴史の考古学者にして工匠のトカシアとは違い、平行世界のトカシアは魔法使い、もしくは魔術師としての心得があるようだ。その様子は原初のプラズマ/Primal Plasmaフレイバー・テキストに描かれているが、”2人の兄弟にアーティファクトの扱い方や基礎を教え、偉大な工匠に育てあげた正しい歴史のトカシア”とは、正反対と言ってよいほどの別人ぶりである。

トカシアはテーブルから歯車や楔を払い落とした。そして、目を丸くしている兄弟達の前で、彼女は純粋な精霊魔法のレッスンを始めた。
(出典:原初のプラズマ/Primal Plasma(次元の混乱))

[編集] 登場カード(フレイバー・テキスト

アンティキティー
最新の研究によれば、これらはウルザとミシュラの師匠に当たるトカシアの手になる発明で、兄弟の双方ともが使役したという。
(出典:ぶどう弾カタパルト/Grapeshot Catapult(アンティキティー、第4版第5版))
若き日のウルザに創造の霊感を与えた、トカシアのオニュレットには、機能を止めたあと他の目的に役立てられる、魔法のエキスが封じ込められていた。
(出典:オニュレット/Onulet(アンティキティー、リバイズド・エディション、第4版))
スラン帝国の遺物の不完全な複製、スー=チー。それは、もとから不安定でありながらもトカシアの弟子たちに有益な知識をもたらした。
(出典:Su-Chi
多くの学者が信じる説によれば、この羽ばたき飛行機械こそ、ウルザが機械生命に挑戦した最初の試みの結果であるという。おそらく、トカシアの見習であった若い頃に作られたのであろう。
(出典:羽ばたき飛行機械/Ornithopter(アンティキティー、リバイズド・エディション、第4版))
兄弟の少年時代、トカシアはコイロスの聖窟の探検に彼らを連れて行った。そこ、タグシンの広間で、ミシュラは神秘的なウィークストーンを発見したのだ。
(出典:Weakstone
彼の弟ミシュラと、師匠トカシアで一緒にコイロスの聖窟を探検していた時の事。遅れたウルザはタグシンの広間で驚くべきマイトストーンを発見した。
(出典:Mightstone
最後にはトカシアを見下すようになったものの、目的の明確化についての師の教えに、ミシュラはよく耳を傾けた。ウルザと違って、ミシュラの考えは一つの目的に集中されていた。
(出典:Mishra's Workshop
資源集めについてのトカシアの教えを、ウルザはいつも上手に生かした。
(出典:ウルザの塔/Urza's Tower(アンティキティー、クロニクル、第5版))
時のらせん
ウルザとミシュラの理想は遥かに距離があるが、互いの創造物には驚くべき調和がある。
トカシアの日記

次元の混乱
トカシアはテーブルから歯車や楔を払い落とした。そして、目を丸くしている兄弟達の前で、彼女は純粋な精霊魔法のレッスンを始めた。
(出典:原初のプラズマ/Primal Plasma)

[編集] 参考

QR Code.gif