いかづち頭/Thunderheads

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Thunderheads / いかづち頭 (2)(青)
インスタント

複製(2)(青)(あなたがこの呪文を唱えるとき、あなたがその複製コストを支払った回数1回につき、それをコピーする。あなたはそのコピーの新しい対象を選んでもよい。)
防衛と飛行を持つ青の3/3の奇魔(Weird)クリーチャー・トークンを1体生成する。ターン終了時に、それを追放する。


ブロッカー生成呪文。出てくるトークンの特性上、実質「攻撃クリーチャーに3点ダメージ」であり、にとっては貴重なクリーチャー除去となる。

リミテッドではアドバンテージを取れる可能性もあり、除去として優秀な部類に入る。野良剣歯猫/Sabertooth Alley Cat浸透者の魔法印/Infiltrator's Magemark付きクリーチャーも止められる事も高評価。

[編集] ストーリー

いかづち頭は、稲妻を迸らせる雲でできた守護者の顔を創り出す呪文。魔術師はこの呪文に、より多くのマナを注ぎ込むことで効果を反復し、複数のいかづち頭を呼び出せる。この禁欲的な表情の顔は地面から少なくとも10フィート(3m)の高さに浮いていて、イゼット団鋳造場入り口を不法侵入者から守っている(Sketches: Thunderheads参照)。

[編集] 訳語

Thunderheads」は普通は「入道雲」のことを指すが、このカードは通常の気象現象ではなく、呪文で人工精霊・奇魔を呼び出すというもの。その設定やイラストから「いかづち頭」と訳されたようだ。ただ、定訳を外れた訳や語感について難色を示す意見もある。

[編集] 参考

QR Code.gif