血まみれの書の呪い/Curse of the Bloody Tome

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Curse of the Bloody Tome / 血まみれの書の呪い (2)(青)
エンチャント — オーラ(Aura) 呪い(Curse)

エンチャント(プレイヤー)
エンチャントされているプレイヤーのアップキープの開始時に、そのプレイヤーは自分のライブラリーの一番上から2枚のカードを自分の墓地に置く。


アップキープ・ステップごとにライブラリー破壊を行う呪い

爆発力はないが、削るペースは石臼/Millstone並みであり、一度張ってしまえば以降はマナがかからないので効率は悪くはない。ライブラリー破壊手段はもちろん、自分つけて墓地を肥やす手段にもなる。

  • イニストラードの呪いカードの中では、唯一これだけは自分につける意味がある。
    • 開発メンバーの中には、自分につけるための呪いのデザインに否定的な者もいたようだ。しかし、使い道を見つけるまでは不利益をもたらすものに違いないという意見が多勢だったため採用された(参考/翻訳)。

[編集] 参考

QR Code.gif