多色地形

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

多色地形とは、2種類以上の色マナを出すことができる土地の通称。5色地形も含まれる。


Taiga
土地 — 山(Mountain) 森(Forest)

((T):あなたのマナ・プールに(赤)か(緑)を加える。)



City of Brass / 真鍮の都
土地

真鍮の都がタップ状態になるたび、それはあなたに1点のダメージを与える。
(T):あなたのマナ・プールに、好きな色のマナ1点を加える。


2色地形3色地形は、ほとんどの場合サイクルをなしている。

多色デッキを作る場合はほぼ必須となる。そのため強力なレアの多色地形は高額カードとなることが多い。

  • 特に多色がテーマのブロックでは、それを支えるために強力な多色地形が収録されることが多く、結果環境もその多色地形を利用したデッキだらけとなるので、トップレアとなることも珍しくない。

[編集] 開発方針

ウルザ・ブロックマスクス・ブロックには有力な多色地形が存在しなかったため、当時のスタンダードは一部のコンボデッキなどを除いて単色デッキの方が圧倒的に多くなってしまった。WotCではそれを反省し、それ以降の各ブロックに必ず多色(2色)地形を出すという方針を打ち出した。

[編集] バリエーション

詳細は、以下の各項目に一覧があるのでそちらを参照。

  • 2色地形 …サイクルを成していることが多く、最も種類が豊富。
  • 3色地形 …わずかに存在する。
  • 4色地形 …未だ存在していない。
  • 5色地形 …2色地形には及ばないが、様々なカードが作られている。

中には前述のタリスマンのように、同じ能力を有する対応したマナ・アーティファクトが作られているものもある。

[編集] 参考

QR Code.gif