出し抜き/Outflank

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Outflank / 出し抜き (白)
インスタント

攻撃クリーチャー1体かブロック・クリーチャー1体を対象とする。出し抜きはそのクリーチャーに、あなたがコントロールしているクリーチャーの総数に等しい点数のダメージを与える。


変則的なレンジストライク系の除去呪文。自軍のクリーチャーの数と等しいダメージを攻撃クリーチャーブロック・クリーチャーに与える。

正義の一撃/Righteous Blowを考えれば2体で及第点、3体で標準以上と言えるだろう。クリーチャー除去を受けるとダメージが減ってしまうので、ギリギリの相手を狙う時は注意したい。

クリーチャーが並びやすく戦闘機会も多いリミテッドではの基本除去として活躍する。

  • 特定のクリーチャー・タイプを数える亜種に揃った連射/Coordinated Barrageがある。微妙な差異はあるが、出し抜きのほうが上位互換と言える。
  • "Outflank"は「敵の側面を包囲すること」「敵の裏をかき、出し抜くこと」を表すイディオム。イラストでは怪物を側面包囲する騎士が描かれておりそちらの意味で訳すのが適切だが、過去の例を鑑みて汎用性の高い言葉を選んでいるのだろう。
  • 多勢/Outnumberに効果と英語名が似ている。あちらは無条件の火力であり、レンジストライクであるこちらがやや劣る。

[編集] 参考

QR Code.gif