信頼あるペガサス/Trusted Pegasus

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Trusted Pegasus / 信頼あるペガサス (2)(白)
クリーチャー — ペガサス(Pegasus)

飛行(このクリーチャーは飛行や到達を持たないクリーチャーによってはブロックされない。)
信頼あるペガサスが攻撃するたび、飛行を持たない攻撃クリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは飛行を得る。

2/2

攻撃時に他のクリーチャー飛行を与えるフライヤーキンズベイルの風船使い/Kinsbaile Balloonist系統の一枚で、Heavenly Qilinのほぼ同型再版

例によって主戦場はリミテッド地上クリーチャー同士が膠着した状況でも、対戦相手プレインズウォーカーに対してプレッシャーを与え続けられる存在はありがたい。法ルーンの執行官/Law-Rune Enforcerと同じく、白のコモンクリーチャーの中心的存在といえるだろう。ただし優秀なクリーチャー除去が飛び交う環境なので、過信は禁物。特にチャンドラの螺旋炎/Chandra's Pyrohelixソリンの渇き/Sorin's Thirstといった2点火力や、2マナにもかかわらず一方的に討ち取られてしまう罠紡ぎ/Snarespinnerは天敵。

[編集] ストーリー

ギデオン・ジュラ/Gideon Juraボロス軍/Boros Legionの助力を受けようとその領域へ向かった際、空中の戦慄衆/Dreadhordeと戦うために乗り手を失ったペガサスに跨った。ペガサスはギデオンを振り落とすこともなく共に戦い、やがてボロス軍の天使達も駆けつけた。その中にはオレリア/Aureliaの姿もあった。オレリアはギデオンにそのペガサスは自身が訓練したものだと伝え、ペガサスの名前を尋ねるギデオンにその名を答えた。「彼女の名はGideon's Promise(ギデオンの約束号)」

「この世界を救うために君の命を預けてくれないか?」ギデオンがこうささやくと、ペガサスは鼻を鳴らして翼を大きく広げた。

[編集] 参考

QR Code.gif