スーラク/Surrak

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

スーラク/Surrakタルキール覇王譚ブロックのキャラクター。カードとしてはタルキール覇王譚龍爪のスーラク/Surrak Dragonclawが初出。

目次

[編集] 解説

タルキール/Tarkirに住む人間の男性。

[編集] 歴史改変前

タルキールの氏族/Clanティムール境/The Temur Frontierカン/Khan龍爪/The Dragonclaw)にして第一の父/First Fatherイラスト)。

スーラクは巨大なと戦って勝利したことで氏族内での地位を確立し、最終的に龍爪の称号を手にした[1]。彼はその戦いによって右目の視力を失っており、顔に大きな傷跡を残している。また、その熊の毛皮で作られた外套と篭手を身に纏っている。

彼は龍爪を長年にわたって輩出してきた血統の出身であり、ティムールの中でもずば抜けて高い力と体躯を有する。彼が氏族の者と話をすることは滅多にないが、口を開いたときには実用本位かつ刺々しい口調で話す。彼は他者の不真面目さを辛抱強く我慢するような人間ではない。彼の唯一の関心事はティムールの民の生存であり、それに結びつかないものはすべて資源の浪費と見なしている。

[編集] 歴史改変後

新たなタルキールの氏族、アタルカ氏族/The Atarka clan狩猟の統率者/Hunt Callerイラスト)。

狩猟と略奪を率いる指揮官であり、以外のすべてを狩る狩人であるスーラクは、自分はアタルカ/Atarkaが選ぶどんな標的をも殺し、持ち帰ることを求められていると知っている。彼は獲物が強敵であればあるほど、その狩りから大きな喜びを得る。氏族の他の者が生存のために狩りを行うのに対し、スーラクは栄光、栄誉、そして何よりも楽しみのために狩りを行う。

両腕に熊の爪を装着しているが、もう一つの歴史で使用していた毛皮の篭手とは異なり、未加工の革で括りつけただけの粗野な作りとなっている。またアタルカ氏族の他の戦士同様、アタルカ種の龍を模した鹿の角の飾りを胸部に付けている。

  • イラストでは二振りの黒曜石の剣を武器としているが、掌編「狩猟の呼び声/The Call」では武器を必要としたことはなく、武器を携行せずに素手で戦っている。

[編集] 経歴

[編集] 熊の目覚め/Awakening the Bear

若き日のスーラクは、洞窟で「そなたの運命を見よ、荒野の後継者よ」という囁きを聞き、熊と戦って勝利する人間の幻視を見た。成長した彼はその導きに従って前人未到の地を旅し、一頭の巨大な熊と出会った。スーラクは古の挑戦の言葉を叫び、熊も挑戦の咆哮を上げた。スーラクは熊の攻撃により肋骨を砕かれ、顔を引き裂かれたが、力を振り絞って何度も熊を殴りつけ、ついには熊を立ち去らせることに成功した。

彼はカラキク谷/Karakyk Valleyの野営地に戻り、戦利品である熊の毛と鉤爪と歯を長老たちに捧げた。彼らはそれを認め、スーラクに成人としての権利と称号を授けた。彼は二度囁く者/The One Who Whispers Twiceから燧石の穂を持つ槍を受け取った。

その日から、彼は氏族の戦士たちを率いて敵と獲物を狩るようになった。彼に従う者は当初僅かであったが、彼が勝利を手にするたびにその数は増えていった。間もなく、彼は龍爪と狩猟の統率者/Hunt Callerに次ぐ数の戦士を率いるまでになった。

それから時が経った。スーラクたちはカル・シスマ山脈/The Qal Sisma mountainsに現れたスゥルタイ群/The Sultai Broodの略奪隊の後を追い、戦闘を仕掛けた。ティムールの死者をも吸収した多数のアンデッドから成る彼らとの戦いは劣勢となり、スーラクも全身に傷を負ったが、彼は死ぬ前に一人でも多くの敵を倒す覚悟だった。そのとき咆哮を上げ、森から突進してくる巨大な影があった。それはあの日の熊だった。その熊はアンデッドを引き裂き、スゥルタイの人間を押し倒してスーラクのもとへ駆け寄ると、彼に背を向けて戦い始めた。スーラクは笑い、新たな仲間を歓迎した。ティムールの戦士は思わぬ助っ人に勇気づけられ、奮起した。逆にスゥルタイの多くは戦意を喪失し、ナーガの主を見捨てて逃げた。

戦闘はティムールの勝利で終わったが、重い呻き声を聞いたスーラクが振り返ると、そこにはスゥルタイの毒矢を受け、苦しみにもがく熊の姿があった。熊はスーラクの方に目を向けた。スーラクはその目の中に嘆願を読み取り、やるべきことを理解した。彼は死者を祖先のもとへ送る古の言葉を唱え、熊の頭に槍を突き立てた。

二度囁く者が、スーラクを第一の父とする祈りの言葉を唱えた。熊の毛皮を――氏族の守護者の形見を――その身に纏ったスーラクは、新たな武器、代々受け継がれている龍爪/The Dragonclawを頭上に掲げた。

[編集] 狩猟の呼び声/The Call

サルカン・ヴォル/Sarkhan Volウギン/Uginの命を助けたことでタルキールの過去は書き換えられ、運命は再編された。過去においてティムールはその名を捨て、アタルカ氏族となった。その事実はスーラクの運命をも変えることになった。

ある日、狩猟の統率者であるスーラクは仲間を率いて巨大なクルショク/Krushokを追っていた。だが犠牲を出しながらもクルショクを仕留めた彼らの頭上から、1体のアタルカ氏族の龍が襲いかかってきた。アタルカの龍たちはアタルカのための狩りを妨げてはならないと知っているはずである。しかしその龍は病に冒されており、狂って、あるいは追い詰められて龍王/Dragonlordの食事を奪おうとしたのだ。スーラクの制止の声も無視したことから、彼は別の方法を取ることにした。スーラクはその龍にただ独りで立ち向かい、その龍を拳の一撃で仕留めたのだ。これによってアタルカの食事を守ることには成功したものの、その後嵐が彼らに襲いかかった。

そりを動かすことはおろか、まともに火を焚くことすらできない天候が二日間続いた。このままではアタルカの元に食事を届けられず狩りは失敗する、そう考えたスーラクは決断した。彼は先に殺した龍から肉を切り出し、内臓から引き出した龍火/Dragonfireでその肉を炙り、食すことでアタルカの元に戻るまでの力を取り戻そうとしたのだ。スーラクの副官は驚き、狩りの獲物を食べることは許されないと言った。だが彼は言い返した。俺達はこの龍を殺した。またこれはアタルカの食事ではない。だから俺達にはこの龍を食う権利がある。そして肉を食って力を取り戻さなければ、アタルカに食事を届けることもできなくなる、と。――副官はさらに反論しようとしたが、結局は黙った。

スーラクたちは無事アヤゴール/Ayagorに肉を運び、アタルカへと捧げた。スーラクはヤソヴァ/Yasovaの時代から伝わる古の言葉を唱えた。「それは貢ぎ物だ。我らを生かせ、そうすればもっと多くを渡そう」。アタルカが満足そうに食事をしているのを見て狩りの成功を確信し、彼もまた満足そうに山を降りようとした。しかしそのとき、副官がスーラクの制止も聞かず狂乱状態でアタルカに向けて叫んだ。「貢ぎ物を守るためとはいえ、スーラクは貴女様の種の龍を殺した。どうか彼以外の者たちは許してほしい」と。だがスーラクは動じなかった。アタルカは食事を邪魔されたことに苛立ち、龍詞/Draconicで短く答えた――「そいつを片付けろ」。副官はその言葉を自分に対するものであると思いスーラクに刃を向けたが、アタルカの言葉は彼でなく、スーラクに向けられたものだった。スーラクは副官を拳で叩きのめした後、彼に囁いた。「俺はお前の行動は咎めはしない。だが龍が人の上にあり、敬われるのは龍が強いからだ。あの龍は弱かった。敬う理由などどこにもない。アタルカ様はそれを分かっている、お前も理解するがいい」と。そして歩き去る間際、スーラクはその副官に向けて言い放った。「二日後には次の狩りに向かう。その骨ではついてくるのは難しいかもしれんが…龍王様に食事を持ってくるか、さもなくば食事になるかだ。お前もどちらかで役立つといい」と。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] フレイバー・テキストに登場

タルキール覇王譚
打ち倒し/Bring Lowなだれの大牙獣/Avalanche Tusker
ウギンの運命/Ugin's Fate プロモーション・カード
アイノクの足跡追い/Ainok Tracker
タルキール龍紀伝
火をつける怒り/Kindled Furyカル・シスマのビヒモス/Qal Sisma Behemoth山頂をうろつくもの/Summit Prowler押し進み/Press the Advantage、狩猟の統率者、スーラク/Surrak, the Hunt Caller

[編集] イラストに登場

タルキール覇王譚
凶暴な殴打/Savage Punch
タルキール龍紀伝
勇壮な対決/Epic Confrontation

[編集] 登場作品・登場記事

歴史改変前
歴史改変後

[編集] その他

[編集] 脚注

  1. 初期の公式記事には「スーラクは熊への儀式的挑戦によって龍爪の称号を手にした」と書かれているが、ここでは掌編「熊の目覚め/Awakening the Bear」の記述に従う。

[編集] 参考

QR Code.gif