エドガー・マルコフ/Edgar Markov (ストーリー)

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

エドガー・マルコフ/Edgar Markovイニストラード・ブロックおよびイニストラードを覆う影ブロックのキャラクター。カードとしては統率者2017エドガー・マルコフ/Edgar Markovが初出。

目次

[編集] 解説

イニストラード/Innistrad吸血鬼/Vampireの4大血統の1つ、マルコフ/Markov家の始祖にして、イニストラードに吸血鬼という存在をもたらした張本人。男性(イラスト)。

大勢の吸血鬼とともにステンシア/Stensia州のマルコフ荘園/Markov Manorに住んでいる。屋敷は広大だが、他の吸血鬼の古老と比べれば、その暮らしぶりは質素なものである。

彼はまたプレインズウォーカー/Planeswalkerソリン・マルコフ/Sorin Markovの祖父でもある。人間の守護者たるアヴァシン/Avacynを創造して以来、ソリンはマルコフ荘園ですら歓迎されない存在となり、エドガーとは疎遠になっている(エドガー本人がどう思っているのかは不明)。

[編集] 経歴

[編集] 吸血鬼の誕生

数千年前、後にステンシアと呼ばれることになる地に、エドガー・マルコフという名の老いた人間の錬金術師が住んでいた。当時その地は飢饉に見舞われており、エドガーは家族を飢餓から救う手段を探し求めていた。彼が辿り着いた結論は恐ろしいものだった。一部の人間に血魔術/Blood magicの儀式を受けさせ、他の人間の血を飲むことで生きられるようにするというのだ。そうすれば作物を必要とする人間の割合は減るし、人口自体も減るだろう。

だが、それは建前だった。エドガーの真の望みは、自分自身とたった一人の孫、ソリンを不老不死にすることだった。悪魔シルゲンガー/Shilgengarが彼の野心に目を付け、彼に知識を与えて血魔術の儀式への道を示し、彼が自分の良心に打ち勝つ手助けをした。それでも最後の一線で踏み留まっていたエドガーに、大義名分を与えたのが飢饉である。もしかしたら飢饉もシルゲンガーが仕組んだことかもしれない――あるいは、全くの偶然なのかもしれない。

エドガーはオリヴィア・ヴォルダーレン/Olivia Voldarenルノ・ストロムカーク/Runo Stromkirkら11人の仲間とともに儀式を行った。儀式の鍵となるのは天使の生き血であった。彼らはマリクス/Maryczという名の天使を捕縛し、祭壇の上でその首を裂いた。迸る銀色の血を、まずエドガーが銀のゴブレットで受けて飲み、11人がそれに続いた。こうして、この次元/Plane最初の吸血鬼が生まれた。

その後エドガーは自分の血を飲ませることで、ソリンをも吸血鬼に変えた。驚くべきことに、ソリンはその場から忽然と姿を消した――変質による精神的ショックが、彼のプレインズウォーカーの灯/Planeswalker's Sparkを点したのだった。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] フレイバー・テキストに登場

アヴァシンの帰還
異常な俊敏性/Uncanny Speed

[編集] イラストに登場

統率者2017
血の貢ぎ物/Blood Tribute

[編集] 登場作品・登場記事

[編集] その他

  • Edgarはヨーロッパで広く使われる男性の人名。古英語のēad(富)とgār(槍)に由来する。この名を持つ著名な人物としては、マジックフレイバー・テキストにも作品の一節が引用されている、小説家・詩人のEdgar Allan Poeが挙げられる。

[編集] 参考

QR Code.gif