アシュノッド/Ashnod

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

アシュノッド/Ashnodは、赤髪の女性で、改造趣人。元々はゼゴン/Zegonという町に仕えていた。ミシュラ/Mishraの軍が ゼゴンの町を攻めた際に有能なアーティファクト使いとしての腕を振るいこれを苦しめるが、ミシュラに転向し助手となる。彼女の製作したアーティファクトには呪われた拷問台/Cursed Rackアシュノッドの供犠台/Ashnod's Altar石臼/Millstone黒の万力/Black Viseアシュノッドの人体改造器/Ashnod's Transmogrant等拷問具が多数存在する。Staff of Zegonも彼女のつくり。

兄弟戦争の末期に彼女はウルザ/Urzaの弟子のタウノス/Tawnosと心通わせ、ミシュラ陣営の機密を洩らしてしまう。それが元で彼女は追放されてしまう。

その後、彼女は兄弟戦争の最終決着地であるアルゴス/Argothでタウノスと再び出遭うも、ファイレクシア/Phyrexiaによって暴走させられた戦争機械群から彼を守るため、自らの命を散らしたのだった。

[編集] 参考

QR Code.gif