ほくちの加工場/Tinder Farm

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Tinder Farm / ほくちの加工場
土地

ほくちの加工場はタップ状態で戦場に出る。
(T):あなたのマナ・プールに(緑)を加える。
(T),ほくちの加工場を生け贄に捧げる:あなたのマナ・プールに(赤)(白)を加える。


インベイジョン・ブロックにおける、いざというときに2出せる土地サイクルの中の1つ。通常生み出せるのは緑マナだが、生け贄に捧げる赤マナ白マナを1つずつ生み出す。

赤緑白ビートダウン的な組み合わせとタップインの相性の悪さ、メインカラーがなら色マナを出す手段は他にある点から、本サイクル中、最も使用頻度が低いと思われる。もちろん、色が合うのでターボバランスでは普通に使われるカードである。

プロツアーシカゴ00では、野火/Flashfires対策にリベリオンで使う予定だったトロウケアの廃墟/Ruins of Trokairが見つからずに代用品として使用したプレイヤーがいた。皮肉なことに、相手には入っている理由が不明だったため「臭いものには蓋」をする感覚でリシャーダの港/Rishadan Portでタップされ続け、結果的におとり役として大活躍したらしい。(My Fires - Part4参照)

  • ほくち、とは火打石で火をつける際に火種とする燃えやすい素材のこと。漢字で「火口」と書くのだが、「火口(かこう)」と同じ字になってしまうため、あえて平仮名にしていると思われる(この当時、カード名には読み仮名が振られていなかった)。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

インベイジョンコモンサクリファイスランドサイクル生け贄に捧げる対抗色の2つのマナを生み出す(ただし、両色は通常生み出すマナと友好色の関係)。

[編集] 参考

QR Code.gif