ファイレクシアの非生/Phyrexian Unlife

提供:MTG Wiki

2019年7月12日 (金) 16:47時点における124.98.96.48 (トーク) - whois による版
(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内, 検索

Phyrexian Unlife / ファイレクシアの非生 (2)(白)
エンチャント

あなたはライフが0点以下であることによりゲームに敗北しない。
あなたのライフが0点以下であるかぎり、あなたに与えられるすべてのダメージは、それの発生源が感染を持つかのように与えられる。(ダメージはあなたに毒(poison)カウンターの形で与えられる。)


Lich卓絶/Transcendenceの流れを汲む延命エンチャントライフが0を切るとダメージライフ損失から毒カウンターに切り替え、さらに9点分までダメージを受けられるようになる。

戦場に出た時点で置換が始まる過去の類似カードと比較すると、ギリギリまで戦場に出すのを遅らせる必要がなく、使いやすくなっている。実質的には10点のライフゲインを行っているのに近く、そういう意味では凡人の錯覚/Delusions of Mediocrityが最も近く、同様にコントロールのライフの水増しとして使える。ただし、ミラディンの傷跡ブロックには感染クリーチャーが存在し、このカードは毒カウンターを勝利手段に使うデッキに対して延命手段にならないため、このような素直な用途で使われることは少なかった。ライフロスを多用する吸血鬼デッキ対策としては優秀だったものの、貴重なサイドボードの枠を割く価値はなかったようだ。

コンボデッキのサポートとして使う場合は凡人の錯覚と性質が異なる。ライフが0点以下になればライフを支払うことができなくなるのでヨーグモスの取り引き/Yawgmoth's Bargain等の「ライフを支払う」カードのサポートには使えないが、ライフロスで敗北することが無くなるので、むかつき/Ad Nauseam大霊堂の戦利品/Spoils of the Vault等のライフロスと引き換えにアドバンテージを得るカードが使い放題になる(→アド・グレイス)。コンボ目的に使う場合でも実質10点回復の性質は生きているため、このようなデッキでは時間稼ぎとコンボパーツを兼ねる強力なカードになる。

  • 2つ目の能力の条件はライフが0点以下であることなので、ライフが1点以上ある状態で一度にどれだけ大きいダメージを与えられても、そのダメージが毒カウンターになることはない。そのため、多くの場合は事実上10点+αの回復として機能する。
  • これがあるからといって、ライフを支払うコストが払い放題になるわけではない(CR:118.3)。ライフが負の値なら0点のライフしか支払えない。
  • シルヴォクののけ者、メリーラ/Melira, Sylvok Outcastと一緒に出せば、ライフロスだけではなくダメージで敗北することもなくなる。

[編集] 参考

QR Code.gif