ネビニラル/Nevinyrral

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ネビニラル/Nevinyrralは、リミテッド・エディションネビニラルの円盤/Nevinyrral's Diskカード名が初出のキャラクター。

目次

[編集] 解説

屍術師/Necromancerリッチ/Lich(高位の魔法使いのアンデッド)の男性。かつての都市アーボーグ/Urborgと、その都市のある地獄のような島を領地とする統治者でもあった。後世の信奉者からは屍道士ネビニラル/the necromage Nevinyrralとも呼ばれる。

氷河期よりも前の時代、ネビニラルはボガーダン/Bogardanを支配する神のような存在たち(the godlike entities)と戦争するも敗北し、彼の王国(realm)は崩壊している。戦争の詳細は明らかにされていないが伝説によると、ネビニラルは敵の策略にはめられ、裂けた地面から噴火した火山によってアーボーグ市が呑み込まれてしまう。略奪者に魔法の財宝を渡すまいと、ネビニラルは最期に円盤を起動した、とされている。

また、彼が記したと伝えられる『ネクロマンサーの手引き/Necromancer's Handbook』という書物が残っている(→第5版以降の蠢く骸骨/Drudge Skeletonsのフレイバー・テキスト)。

[編集] 名前の由来

名前の由来は、作家ラリー・ニーヴン/Larry Nivenの逆綴りである(アナグラム)。

  • なお、彼の著作である短編小説「魔法の国が消えていく」には、無限に回転を続けることで土地マナを完全に消費して、周囲の魔法をすべて無効化してしまう銅製の円盤が出てくる。すなわち、逆綴りであるNevinyrralから、マナ以外の全てを無効化する能力を持たされたのであろう。

時のらせんでは当初、カード化される旧キャラクターの候補に挙げられていた。しかし、名前の由来が洒落てはいるがやや不真面目なため、その案は破棄され、代わりに同じ屍術師のリム=ドゥール/Lim-Dulが「屍術師リム=ドゥール/Lim-Dul the Necromancer」としてカードになった。(→Time Spiral's Wizards参照)

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] カード名に登場

リミテッド・エディション第5版
ネビニラルの円盤/Nevinyrral's Disk

[編集] フレイバー・テキストに登場

第5版~第10版
蠢く骸骨/Drudge Skeletons
時のらせん
円盤の大魔術師/Magus of the Disk
基本セット2013
墓暴き/Disentomb
ドミナリア
闇の取り引き/Dark Bargain

[編集] 登場記事

  • Dominian Chronicles Weatherlight Ports of Call(Duelist19号の記事)
  • Dominian FAQ(Duelist27号の記事)

[編集] 参考

QR Code.gif