スーパーサンデーシリーズチャンピオンシップ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

スーパーサンデーシリーズチャンピオンシップ/Super Sunday Series Championshipは、マジックの大会の一つ。

[編集] 概要

グランプリの二日目にサイドイベントとして行われるスーパーサンデーシリーズの優勝者が招待されるイベントであり、WotC本社内で行われる。

プロツアーさえ上回る出場難易度の高さ(前年度のスーパーサンデーシリーズ、またはチャンピオンシップの優勝)に加え、予選となるスーパーサンデーシリーズの時点で構築(またはエターナル)とリミテッドの両競技を勝ち抜く必要があるため、複数のフォーマットへの知識が必要となる。

他の招待制イベントと違ってプロツアー・ポイントを得られないものの、招待選手たちには、航空券や宿泊費に加えて食事まで支給され、優勝賞金も個人戦グランプリより高い6000ドルと設定された。

2017年のグランプリからスーパーサンデーシリーズが廃止となったため、スーパーサンデーシリーズチャンピオンシップ17を最後に終了した。

  • 冬のエキスパンションの発売週末イベントの一環として、そのエキスパンションの発売日の翌日から開催されていた。出場者には当該エキスパンションのカードが貸し出されている。

[編集] 大会記録

優勝者 採用フォーマット
2014年 Owen Turtenwald ブースター・ドラフト2種(神々の軍勢テーロスModern Masters)、スタンダード
2015年 Luis Salvatto シールド・ドラフトスタンダードブースター・ドラフト
2016年 Sam Black スタンダードブースター・ドラフト
2017年 斎藤慎也 ブースター・ドラフト2種(カラデシュエターナルマスターズ)、モダン

[編集] 参考

QR Code.gif