グリムグリン/Grimgrin

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

グリムグリン/Grimgrinイニストラード・ブロックのキャラクター。カードとしてはイニストラード死体生まれのグリムグリン/Grimgrin, Corpse-Bornが初出。

目次

[編集] 解説

イニストラード/Innistradスカーブ師/Skaberenゲラルフ・セカーニ/Geralf Cecaniによって作り出された恐るべきスカーブ/Skaab人間の倍ほどの背丈で、頭は胸部に埋もれており、鉄と肉で入れ子のように囲われている。また左腕の先には手がなく、代わりに巨大な鎖鎌が繋がれている(イラスト)。

普段はガヴォニー/Gavony州のムーアランド/The Moorlandをうろついており、グリムグリンの通り道にいるくらいなら霊/Geistと群れている方がマシかもしれないと言われるほどに恐れられている。ギサ/Gisaとゲラルフのスレイベン/Thraben侵攻の際にはアンデッド連合軍の将軍を務めた。

  • ゲラルフ曰く、グリムグリン/Grimgrinの名は姉であるギサの顔に「敬意を表して」付けたとのこと。grimは「恐ろしい」「ぞっとするような」、grinは「歯を見せてにやっと笑うこと」「歯を剥いて怒りや軽蔑を示すこと」を意味する。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] イラストに登場

闇の隆盛
ゾンビの黙示録/Zombie Apocalypse

[編集] 登場作品・登場記事

[編集] 参考

QR Code.gif