猛烈に食うもの/Magnivore

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Magnivore / 猛烈に食うもの (2)(赤)(赤)
クリーチャー — ルアゴイフ(Lhurgoyf)

速攻
猛烈に食うもののパワーとタフネスはそれぞれ、すべての墓地にあるソーサリー・カードの数に等しい。

*/*

ルアゴイフは、墓地にあるソーサリーカードを参照する。

ソーサリーを多用するデッキと言えば、土地破壊手札破壊。赤は土地破壊のなので、ポンザなどのフィニッシャーとして採用されていることもある。速攻が相手が立ち直る前に叩くのに役立ち、そういった意味でも土地破壊との相性がよい。焚書/Book Burningなんかも良い相棒となるだろう。

死を食うもの/Mortivoreとこれの2枚だけ、第9版再録される。マグニボア・ワイルドファイアなどのフィニッシャーとして活躍した。

  • 日本語版カード名では、サイクルでこれだけが何を食べるのかが解らない。
    • "-vore"は「~を食べるもの」を意味する接尾語(詳しくは下記参照)で、"magni-"は「大きい~」を意味する接頭語。つまり「Magnivore」は「大きいもの(大きさ)を食べるもの」くらいの意。
    • 中国語版では、カードの能力に着眼して「噬咒獸」つまり「呪文を食べる動物」と訳している。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

オデッセイルアゴイフサイクル。すべての墓地にある特定のカード・タイプの数に等しいパワータフネスとなる。

いずれのカード名にも、「~を食べるもの、~食動物」を意味する接尾語"-vore"(例:「肉食動物/carnivore」、「草食動物/herbivore」など)がついている。

[編集] 参考

QR Code.gif