佐藤嶺

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

佐藤 嶺(さとう れい)は、東京のマジックプレイヤー。BIG MAGIC所属。元Hareruya Pros所属。公式カバレージ等では佐藤 レイと表記されることが多い。

目次

[編集] 概要

中学1年生のときにプロフェシーをTSUTAYAで500円で買ったのがマジックとの出会い。中学2年生から高校2年生の頃まで塾の友達とマジックをプレイしていた[1]

中学生の時にグランプリで5万円程度の賞金を貰ったが、小遣いが月3000円でまだアルバイトができる年齢でもなかった佐藤にとって凄まじい金であった[1]

高校1年生の時に参加したプロツアーアトランタ05が自身初のプロツアー。同大会はチームメイトの彌永淳也のコミュニケーションエラーで失格となり、チームがトーナメントを続行できなくなったが、サイドイベントに出場して優勝し、PlayStation 2をせしめた[1]

高校2年生の時に高校選手権に出場し、図書券10万円分を獲得。PWC(Plains Walker's Cup)というローカルイベント(横浜地区で開催される数少ない公式トーナメント)に出るなどして友達が増え、そのままグランプリやプロツアー予選に参加するようになった[1]

賞金稼ぎの道を模索していた佐藤は麻雀、ポーカーなどの大会にも出るようになったが、マジックは趣味の範疇であった。不安定な生活をしていたところ2018年春に高桑祥広に勧誘され、全社員がマジックプレイヤーで構成されたIT企業「Sekappy」に入社[1]

マカオでポーカーをするついでグランプリ香港18に出た際、丁度シーズン1つ目のプロツアーの権利をもっていたので、ここで頑張れば波に乗れるということで本格的にプロツアー・ポイントを稼ぐことにした[1]

  • 一般的にはゴールドレベル以上がプロプレイヤーを名乗るのにふさわしいとされるが、「ウィザーズが定めいているプロプレイヤーは立派なプロであるし、Twitchで収入を得ている配信者もプロ。レベルが無くともスポンサーがついていればプロ」と本人は持論を展開している。しかし本人にとってマジックは遊びであり仕事でもある存在で、大会で勝って名前を上げるほど会社にもプラスになるので仕事との線引きは曖昧[1]
  • 金銭に関しては「管理がルーズ」と自認する一方、物欲が無いので専ら生活費やマジックの必要経費に使い、大型大会で優勝しても贅沢をすることはない[1]
  • 本人は「車輪の再発明」はしないことを始めとしてマジックに時間を掛け過ぎないように意識している[1]
  • 強くなることはマジックを楽しむためのアプローチのひとつに過ぎず、多くのプレイヤーは強くなる必要はないと考えている。それでも強くなりたいなら、そのためにかかる時間とコスト、どこまで強くなりたいかという線引きをはっきりさせた方が良いとしている[1]

[編集] 主な戦績

[編集] 脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 1.8 1.9 『マナバーン2019』(ホビージャパン、2018年12月26日初版)p.10-11 ISBN 9784798618388

[編集] 参考

QR Code.gif