ワイアウッドの森/Wirewood Forest

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ワイアウッドの森/Wirewood Forestオンスロート・ブロック初出のドミナリア/Dominariaの地名。

目次

[編集] 解説

オタリア/Otaria大陸南方西海岸の森林地帯(地図)。東はダールの平原/Daru Plains、北東はスカーク峠/Skirk Ridge、北側は入り江になっている。

樹高が高く幹が細い樺の木が密集する森林で、生命にあふれるが、この森独特の危険が隠れ潜む場所である(イラスト)。この森土着のビーストや移民エルフが主な住人である。

  • ワイアウッドはドミナリア球の赤道近くにあたるため亜熱帯か熱帯気候であると推測される。地球の樺の木は北半球の温帯や亜寒帯に分布するが、ワイアウッドの樺の木はより高温の気候に植生する種類なのだろう。
  • オンスロート・ブロックのカードでは、イクシドール/Ixidorが祖とも言われる変異クリーチャー/Morph Creature召喚術や、ミラーリ/Mirariによるクリーチャーミュータント化がテーマになっている。ワイアウッドのクリーチャーを表したカードにもその影響がみられるのは、単にブロックのテーマであるからにすぎず、ワイアウッドのクリーチャーのオリジンが変異クリーチャーであるとかミュータント種族であるとかいうわけではない。

[編集] ワイアウッドのエルフ

ファイレクシア/Phyrexiaの侵略で故郷を追われたエルフやその他の種族がドミナリア中からワイアウッドの森に移住してきた。エルフの難民は森で発見した生き物や植物から武器や防具を改良し、新しい故郷の危険から身を守る魔法を発展させた。

4305-4306ARミラーリ/Mirariの魔法波動の影響で、ワイアウッドのエルフは徐々に歪められ、より獣により植物に近づき、ミュータントの怪物へと変えられていった(イラストイラストイラストイラストイラスト、)。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] カード名に登場

オンスロート
ワイアウッドのエルフ/Wirewood Elfワイアウッドの伝令/Wirewood Heraldワイアウッドの番小屋/Wirewood Lodgeワイアウッドの誇り/Wirewood Prideワイアウッドの野人/Wirewood Savage
レギオン
ワイアウッドの媒介者/Wirewood Channelerワイアウッドの養虫人/Wirewood Hivemaster
スカージ
ワイアウッドのかぎ爪/Claws of Wirewoodワイアウッドの守護者/Wirewood Guardianワイアウッドの共生虫/Wirewood Symbiote

[編集] フレイバー・テキストに登場

オンスロート
樹皮革のやっかいもの/Barkhide Maulerエルフの騎手/Elven Riders野放し/Run Wild頑強な決意/Steely Resolve共生するエルフ/Symbiotic Elf樹を跳ねるロリアン/Treespring Lorianワイアウッドの野人/Wirewood Savage
レギオン
ワイアウッドの養虫人/Wirewood Hivemaster
第10版
エルフの騎手/Elven Riders

[編集] イラストに登場

オンスロート・ブロック森/Forestワイアウッドの番小屋/Wirewood Lodge、および、多くのカードが該当すると思われる。

[編集] 登場記事

[編集] 参考

QR Code.gif