ティヴァン砂漠/Tivan Desert

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ティヴァン砂漠/Tivan Desertドミナリア/Dominariaの地名。

目次

[編集] 概要

初出の小説Ashes of the Sunでは、この地方での財産所有形態が触れられた1文のみに過ぎなかったが、ドミナリア現在の次元全体地図で他に類をみないほど広範囲の地域名として採用され詳細な設定が公開された。[1]

[編集] 解説

ティヴァン砂漠はジャムーラ/Jamuraa南東副大陸の大部分を占める広大な砂漠地帯である(地図)。

大修復以前は、ラバイア/Rabiahと繋がる次元ポータル/Planar Portalがいくつか存在していた。これらのポータルの形態はハリケーンに似ており、数千年にわたってラバイアから100億トンもの熱砂をこの地に運び込んだ。

ドミナリア近代、ティヴァン砂漠の社会では男性のみが財産を所有することができ女性は財産そのものだ、とドメインズ/The Domainsに伝わっている。

ドミナリア期、ウルザ/Urzaの遺した遺跡の謎をテフェリー/Teferiニアンビ/Niambi親子が解析していた。

[編集] 地名

ティヴァン砂漠周辺のジャムーラ南東副大陸の地名。

マイアー山脈/Myar Mountains[2]
ジャムーラ南東副大陸の南の海岸線に沿って連なる山脈。北はティヴァン砂漠が広がり、南の密林にはネコルー/Nekoruやユーミディアン/Eumidian[3][4]が生息している。
短編Who Is Queen?に登場。
カラカス/Karakas
ジャムーラ南東副大陸の西側に突き出た半島。

[編集] 登場作品・登場記事

[編集] 脚注

  1. この地域はインベイジョンブロック期の地図ではまだ空白であった。
  2. マイアーはPodcastの発音の音写
  3. レジェンドサイクル2小説三部作に登場した、ジラ・エリアン/Xira Arienと同種の人型昆虫種族
  4. ユーミディアンはPodcastの発音の音写

[編集] 参考

QR Code.gif