Who+What+When+Where+Why

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Who (X)(白)
インスタント

プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはX点のライフを得る。

What (2)(赤)
インスタント

アーティファクト1つを対象とし、それを破壊する。

When (2)(青)
インスタント

クリーチャー呪文1つを対象とし、それを打ち消す。

Where (3)(黒)
インスタント

土地1つを対象とし、それを破壊する。

Why (1)(緑)
インスタント

エンチャント1つを対象とし、それを破壊する。


ついに出た5分割カード銀枠らしさが全面に溢れ出たド派手な呪文、というより見た目である。

これ1枚でほとんどの種類のパーマネントに対処できる汎用性がある。ドメインなど5色デッキなら便利に使えるだろう。

また5分割ということもあって、点数で見たマナ・コストの合計が13と非常に高いのも特徴といえる。うつろう爆発/Erratic Explosion稲妻の謎/Riddle of Lightningなど、カードの点数で見たマナ・コストを参照するカードのお供にも。

  • 分割カードの旧ルールでは他にも多くの相性のよいカードが存在した。当該記事を参照。
  • カード名は"Five Ws"と呼ばれる文章構成の際の基本的な5つの疑問詞より。これにHow(どのように)を加え、"Five Ws and one H"とされ、日本では"5W1H"の呼称で有名。

[編集] 参考

QR Code.gif