Phil Foglio

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

フィル・フォグリオ(Phil Foglio)は、マジックのイラストレーターの1人。1956年生まれ。アングルードではClaymore J. Flapdoodleの異称を用いている(なお、WHISPERではPhil Foglioと表記している)。

レジェンドから参入しており、アイスエイジアライアンステンペストあたりが最盛期だった。

主にマーカーやカラーインクを使っているのだろうか、色彩も原色に近いものをよく使い、アメリカン・コミックそのままの絵柄で蛙の舌/Frog Tongueなどを描いている。

ニューヨーク生まれのニューヨーク育ち。早口でよくしゃべる人物で、コンピューター業界を目指していたが、数学が苦手なためイラストレーターに転向。シカゴ・アカデミー・オブ・ファイン・アーツ(Chicago Academy of Fine Arts, 現シカゴ美術館の前身)在学中にSFに傾倒し、ヒューゴー賞のベストアマチュアアーティスト部門賞を1977年、78年の2期連続で受賞した。卒業後その大学は潰れてしまったとのことだが、果たして彼がそれに関わっていたかどうかは定かではない。

その後本のカバーワークやイラストの仕事を渡り歩き、コミック業界に身を寄せる。自前の出版社まで立ち上げるほどのバイタリティの持ち主で、そこで作られた『XXXenophile』という本は18歳未満閲覧禁止のものであった(のちにQuinton HooverDrew TuckerMark TedinHarold McNeillなどのマジックのイラストレーターが参加しているTCGにもなった)。さらに紆余曲折を経てウィザーズ社に入社、Duelist誌で「What's New?」というコミックページを担当し、パロディ担当としてさまざまなネタを披露していた。

彼が手がけた有名なカードはMirror Universeイラスト)、謙虚/Humilityイラスト)、リサイクル/Recycleイラスト)など強力かつ凶悪なものも含まれており、ユニークな絵柄とあいまって印象は強い。

近年ではイラストの雰囲気から彼の作風ははずされ気味で、基本セットの再録以外では通常にプレイできるカードセットでお目にかかることがなくなってきている。

Kaja Foglioの夫であり、よきパートナー。年の離れた夫婦であるが、お互いにイラストレーターとして忙しさを競い合っている風でもある。

[編集] 手がけた有名なカード

[編集] 参考

QR Code.gif