Harold McNeill

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ハロルド・アーサー・マクニール(Harold Arthur McNeill)は、マジックアーティスト。三大マジック印象派部門イラストレーターの1人とされる。カリフォルニア州サンフランシスコに生まれる。

マジックの他、Vampire: the Eternal Struggleなどにもを提供し、他にも音楽や彫刻など、あらゆる芸術活動にいそしんでいることから、多芸ぶりをうかがわせる。

マジックのアートにはレジェンドテンペストまで参戦、26枚とその数は少ないが、全面に煙でもかかったようなあのタッチから彼の絵を判別することは容易だ。この煙のようなもやの海はHarold作品のテーマであり深みであり、トーナメント・シーンにおいては永劫の輪廻/Enduring Renewalイラスト)で一時代を彩った。

しかし、彼の絵が再度話題となるとは誰が予想しただろうか。かの防御円問題である。テンペストの6種類の防御円は彼のマジックにおける最後の作品群でもあるが、「防御円の見分けがつかない」という声がプレイヤーから巻き起こったのである。特に//シャドーの3枚については、絵がモノクロであり、誤った防御円と勘違いするケースが多発した。後にこの話は語り草になり、「飛んでないのに飛んでいるように見える絵」の話題以来、カードの絵の判別可能性について教訓を得るきっかけとなった。

[編集] 手がけた有名なカード

[編集] 参考

QR Code.gif