Middle Ages

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Middle Agesは、1994年ごろに作成されたサードパーティ製のエキスパンションセットである。実際にカードとして存在するわけではなく、カードの表面に貼り付けて使用するステッカーの形でのみ存在する。

マナ・シンボルなどのシンボルが通常と異なることや、クリーチャーパワータフネスマナ・コストの右隣に書いてあるということなど、カードデザインが公式のものと大きく異なる。これは、権利問題を回避するためであったのだと思われるが、当然ながら発売まもなく販売停止になった。

  • 全75種類だが、RukhとWasp of the Hiveの二枚のみブースターに収録されず、購入特典として配られたため、全73種類と表記される場合もある。
  • オークション等で流通している枚数に偏りがあり「現在でも印刷されているのでは?」などの噂が絶えない。

[編集] 参考

QR Code.gif