精神創傷/Mind Slash

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Mind Slash / 精神創傷 (1)(黒)(黒)
エンチャント

(黒),クリーチャーを1体、生け贄に捧げる:対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは、自分の手札を公開する。その中からカードを1枚選ぶ。そのプレイヤーは、そのカードを捨てる。この能力は、あなたがソーサリーを唱えられるときにのみ起動できる。


クリーチャー強要/Coercionに変換できるエンチャント

基本的に1対1交換になるのでハンド・アドバンテージは得にくいが、自分で捨てるカードを選べる点が強力。また、クリーチャーさえいれば、捨てたいカードが複数あってもまたすぐ捨てさせることができる。

難点はやはり他の手札破壊の例に漏れずソーサリー・タイミングでしか使えないことか。生け贄に捧げるタイプの能力は相手の除去戦闘などの際に使うことでアドバンテージを得ることができるが、これではそういったことは不可能。逆に、「最後のカードを捨てようと思ったら、そのカードで別のクリーチャーを除去されてアドバンテージを取られる」なんてことにもなりかねない。相手のデッキタイプなどによって、そのような危険が無いか判断しながら使う必要があるだろう。

[編集] 参考

QR Code.gif