トーラック/Tourach

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

トーラック/Tourachは、サーペイディア暗黒時代漆黒の手教団/Order of the Ebon Handの宗教的指導者・聖人。男性。

その死後に神に祭り上げられるほどの権勢を誇った。漆黒の手教団とはトーラックを信奉する狂信的国家で、トーラックへ捧げられる賛歌はあまりにも有名である。また、教団の屍術/necromancyの原理を構築した人物とされ、それに錬金術の要素を用いてエンドレク・サール/Endrek Sahrスラル/thrullを創造している。

漆黒の手の敵である、Order of Leitbur(ライトバー教団)Farrelite(ファレル教徒)からは、不浄な存在(時には暗黒の神とまで呼ばれる)として忌み嫌われる。

良くも悪くも内外共に広く知られた伝説的人物であるためか、その転生と自称または他称される者も複数存在している(Tymolin Loneglade(ティモリン・ローングレイド)Vetro(ヴェトロ)を参照)。

その類似性から、しばしばライトバー教団のBethan Leitbur(ベサン・ライトバー)と対照される。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] カード名に登場

[編集] フレイバー・テキストに登場

[編集] 登場作品

[編集] 訳語

「Tourach」は、時のらせん消えない賛歌/Haunting Hymnフレイバー・テキストで「トーラック」と和訳された。それ以前は、「トーラク」、「トゥーラク」、「トーラチ」、「ツァーラク」などの同人訳が存在していた。

[編集] 参考

QR Code.gif