テイガム/Taigam

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

テイガム/Taigamタルキール覇王譚ブロックのキャラクター。カードとしては統率者2017オジュタイの達人、テイガム/Taigam, Ojutai Masterおよびシディシの手、テイガム/Taigam, Sidisi's Handが初出。

目次

[編集] 解説

タルキール/Tarkirに住む人間の男性。

[編集] 歴史改変前

タルキールの氏族/Clanスゥルタイ群/The Sultai Broodに所属する強大な魔道士イラスト)。

スゥルタイのカン/Khanシディシ/Sidisiの首席助言者および個人的執行者であり、シディシの手/Sidisi's Handの二つ名で知られる。彼はシディシの右腕として、スゥルタイの領地のあらゆる場所で彼女の命令を忠実に実行する。

彼はスゥルタイの中でも高い権力と影響力を有しているが、元はジェスカイ道/The Jeskai Wayの出身であり、ナーセット/Narsetの弟子であった。

[編集] 歴史改変後

新たなタルキールの氏族、オジュタイ氏族/The Ojutai clanの学者の長にして呪拳士/Spellfistの指導者(イラスト)。

寡黙な男テイガムは、偉大なる師/The Great Teacherであるオジュタイ/Ojutaiの知恵を保存し複写する務めを課されており、他の人型種族の誰よりも龍詞/Draconicを流暢に話し、正しく読み書きすることができる。

反抗的な若者であった頃の彼は更なる富を求めてコーリ山の聖域/Cori Mountain Sanctuaryを離れることも考えていたが、やがて、真の知恵をもたらすことができるのはオジュタイだけであることを知り、彼の教えを自分自身に改めて言い聞かせた。

[編集] 経歴

[編集] テイガムの策謀/Taigam's Scheming

ジェスカイの小さな漁村に生まれたテイガムは常に、より多くを求めていた――若い頃の彼は、それが何を意味するのかを知らなかった。彼は勉学に励み、ジェスカイのカン、ナーセット直々の訓練を受けるまでになった。ナーセットは彼を最も優れた弟子の一人だと認め、彼はその言葉を大いに誇らしく思ったが、同時にこれがジェスカイで自分が到達できる頂点であることを悟った。

彼は放浪の戦士の道/Way of the Wandering Warriorを選択し、旅に出た。彼は魔術の新たな修行法か、あるいは新たな戦い方を学べればと考えていた。交易所プルギル/Purugirで仕事を探していたテイガムは、スゥルタイの貴族たちの高価な衣服と風流な趣に興味を抱いた。そしてまた、スゥルタイの方も彼に興味を抱いた。

その夜、宿で眠る彼のもとにエビーリ/Ebirriという名のラクシャーサ/Rakshasaが現れた。エビーリは彼に取引を持ちかけた――私をテイガム様の下僕にしてくださるのでしたら、代わりにスゥルタイの富と力を与えましょうと。テイガムは騙されていると感づいていたが、即座に得られる力という誘惑が彼の判断力に打ち勝った。契約は成され、テイガムは力と引き換えに、その人生をエビーリに捧げることになった。

スゥルタイの一員となり、シディシの首席助言者の地位にまで成り上がったテイガムは、ある日スゥルタイ領内の小さな町キシュラ/Kishlaで税を徴収していた。そのとき、3人のジェスカイの僧がテイガムの乗る船に飛び込み、彼に攻撃を仕掛けた。テイガムと影の中から現れたエビーリはそれに応戦したが、テイガムは混乱に乗じて短剣をエビーリの脇腹に突き刺した――テイガムの人生における最大の脅威は目の前の暗殺者などではなく、このラクシャーサなのだ――しかしそれは彼の集中を一瞬乱しただけに過ぎなかった。彼はテイガムを僧ごと壁に叩きつけると、2人の僧を殺し、お前は俺のものだとテイガムに改めて言った。

テイガムは生き残った最後の僧に、彼らを送り込んだ者の名を尋ねた。彼はナーセットだと答えたが、彼女がこのようなやり方をするはずはなく、彼らがナーセットの名を借りて行動しただけに過ぎないと、テイガムには分かっていた。テイガムはその僧をエビーリに殺させると、損なわれていない死体に黄金の制服を着せるべく、僧たちの背格好を測り始めた。

[編集] 悟りし者/Enlightened

テイガムは「ナーセットによる」暗殺への報復として、アブザン家/The Abzan Houses追放されたオークたちを雇い、ナーセットの暗殺を試みた。彼女が偶然にも身代わりの人形を作って部屋から抜け出していたため、暗殺は未遂に終わった。

[編集] 大師の学徒/The Great Teacher's Student

サルカン・ヴォル/Sarkhan Volウギン/Uginの命を助けたことでタルキールの過去は書き換えられ、運命は再編された。過去においてジェスカイはその名を捨て、オジュタイ氏族となった。その事実はテイガムの運命をも変えることになった。

テイガムはオジュタイの学徒として、龍の眼の聖域/Dragon's Eye Sanctuaryで学んでいた。しかし突如、ナーセットという名の新入りの少女が現れ、彼を含む聖域の学徒全員を瞬く間に追い抜いた。オジュタイに呼ばれたとき、ナーセットはその背中にテイガムの燃えるような視線を感じたが、彼が力ではなく知恵を求めるようになるまで、自分と同じ場所には立てないことを知っていた。オジュタイは彼女に師の称号を授けた。

その約1年後、聖域の地下で隠された書庫を発見し、タルキールの真の過去を知ったナーセットは、外に出た途端テイガムの胸にぶつかった。テイガムは彼女に告げた。君の行動はオジュタイ様への裏切りであり、あの方は君を罰するだろうと。しかし真実を求める焦燥感に駆られるナーセットには、彼に構っている暇などなかった。彼女は魔力を爆発させてテイガムを吹き飛ばし、彼の叫び声を無視して走り去った。

[編集] 龍たちのタルキール/A Tarkir of Dragons

1280年前のタルキールから「現代」のタルキールに戻ったサルカンは、ナーセットに会うべく龍の眼の聖域を訪れた。師となっていたテイガムは彼を温かく出迎えたが、彼がナーセットの名を出すとその場の空気が一変した。テイガムはサルカンに告げた。異端者ナーセットは法の限りをもって罰せられ、ここを去って久しいと。それでもなお食い下がるサルカンにテイガムが拳を突き出すと、その手から力の波が放たれ、サルカンは扉の外まで吹き飛ばされた。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] カード名に登場

タルキール覇王譚
テイガムの策謀/Taigam's Scheming
タルキール龍紀伝
テイガムの一撃/Taigam's Strike

[編集] フレイバー・テキストに登場

タルキール覇王譚
テイガムの策謀/Taigam's Scheming、従順な復活/Dutiful Returnよろめく従者/Shambling Attendants
タルキール龍紀伝
水晶の番人/Keeper of the Lens

[編集] イラストに登場

タルキール覇王譚
テイガムの策謀/Taigam's Scheming
タルキール龍紀伝
テイガムの一撃/Taigam's Strike

[編集] 登場作品・登場記事

歴史改変前
歴史改変後

[編集] 参考

QR Code.gif