エフラヴァ/Efrava

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

エフラヴァ/Efravaドミナリア/Dominariaの地名。

目次

[編集] 解説

ジャムーラ/Jamuraa大陸南西部のDesert of Sukurvia(スカーヴィア砂漠)にある猫族の戦士の故郷の1つ。スカーヴィア砂漠には他にHooraree、Khyyiani、Sulakiの猫族が住む。

エフラヴァ住民は虎の特徴を有する虎族(tigerfolk)であり、排他的で静かな生活を好み、Terrent Ameseを信仰している。最も有名な英雄はジェディット・オジャネン/Jedit Ojanenである。

  • ドメインズ/The Domainsの地図には、エフラヴァが人里離れた猫族の故郷でドメインズの地名である、と紹介されているものもあった。同名の猫族が住む地域であると思われる。

[編集] Efavra

「Efavra」と誤表記されることがある。

小説Johanおよび付属の地図では「Efavra」表記であるが、続刊のJeditHazezonではカード同様の「Efrava」に訂正されている。次元の混乱の公式記事Familiar Faces from Strange Realitiesでは混同され「Efavra」表記だが、他の記事では「Efrava」のまま。同記事の和訳版異なる現実の、同じ顔ぶれでは更に誤りがあり「エファーヴァ」となっている。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] 登場作品

[編集] 訳語

「Efrava」は、時のらせんジェディットの竜騎兵/Jedit's Dragoonsフレイバー・テキストで「エフラヴァ」と和訳された。続く次元の混乱エフラヴァのジェディット・オジャネン/Jedit Ojanen of Efravaでも踏襲。

[編集] 参考

QR Code.gif