炎族/Flamekin

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

炎族/Flamekinは、ひょろ長い人型をしている精霊の一種である。ラヴニカにその原型らしき炎の血族(Flame-Kin)を見ることが出来るが、両者は姿だけが似ているだけでまったく別物である。

石の体に炎をまとった姿をしており、常に旅をしている。彼らは求道者であり、己を鍛え上げる「炎の道」を修めている。 彼らがまとっている炎は意思によって温度がコントロールでき、触っても冷たい炎から鉄をも溶かす温度まで上げることができる。また感情や肉体の修練でも炎の色が変わる。

赤い炎が一番温度が低く、黄色、白、青と温度が上がっていく。青い炎は自らを焼き尽くしてしまうほどの温度で、この段階まで上げられる者はわずかである。

大オーロラ/Great Auroraにより、燃えがら/Cinderへと変化してしまった。

[編集] ゲームにおいて

エレメンタルとして描かれている。 伝説の炎族はアシュリング/Ashling

[編集] 参考

QR Code.gif