旧枠モダン

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

旧枠モダンは、構築に分類される非公式フォーマットの1つ。

目次

[編集] 解説

基本的にはモダンだが、構築制限として「初出が旧枠のカードのみ使用可能」となっているため旧枠モダンと称される。

その制限ゆえにカードプールは狭く、その上増える機会も再録時にのみ限られているのが特徴。例えば2018年にはゴブリンの戦長/Goblin Warchief市長の笏/Magistrate's Scepter鋼胴の甲虫/Ironshell Beetleといったカードが解禁されている。

[編集] ルール

モダンで使用可能、かつ初出が旧枠(第7版スカージまで)のカードのみでデッキを構築する。

ただし初出が旧枠でさえあれば再録された新枠のカードも使用可能。その他のルールは通常のモダンに準ずる。

[編集] 禁止カード

禁止カードもモダンに準ずる

加えて「旧枠のカードが存在するが、初出が旧枠ではないカード」も禁止となっている。(すべてジャッジ褒賞

[編集] 参考

QR Code.gif