幻霊/Eidolon

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

幻霊/Eidolonテーロス/Therosにおける一種の幽霊イラスト1イラスト2)。

死者が死の国/The Underworldから逃亡する際、その者は自己を喪失し、顔を持たない蘇りし者/The Returnedとなる。だが「魂」から物理的肉体を切り離すこの過程では、同時に1体の幻霊も創り出されている。幻霊は蘇りし者が失った自己の霊的な体現であるが、肉体を持たないその自己が働くことはない。蘇りし者と異なり、彼らは自分が何を失ったのかを認識していない。蘇りし者とそこから分かれた幻霊が再び一つになることはなく、互いの存在を知ることもない。

永遠に彷徨う幻霊もいるが、それ以外の者は特定の場所に居つく。彼らが「宿る」場所はかつての人生との繋がりで選ばれるわけではない。むしろ、ニンフの住まう場所の近くになることが多い。獣の仔が母親の温かさに引き寄せられるように、幻霊はニンフの魔法に本能的に引き寄せられるのだと考えられている。ニンフは通常、彼らに対して同情的である。

[編集] ゲームでの特徴

いずれもクリーチャー・エンチャントで、スピリットクリーチャー・タイプを持つ。5色すべてに存在する。

[編集] 関連ページ

[編集] その他

  • eidolonは「幻影」「幽霊」といった意味の言葉。古代ギリシャ語εἴδωλον(幻影、幽霊、形象)に由来する。

[編集] 参考

QR Code.gif