ニンフ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ニンフ/Nymphは、クリーチャー・タイプの1つ。主にギリシャ神話に登場する精霊の一種。


Shanodin Dryads / シャノーディンのドライアド (緑)
クリーチャー — ニンフ(Nymph) ドライアド(Dryad)

森渡り(このクリーチャーは、防御プレイヤーが森(Forest)をコントロールしているかぎりブロックされない。)

1/1


Forgeborn Oreads / 炉生まれのオリアード (2)(赤)(赤)
クリーチャー エンチャント — ニンフ(Nymph)

星座 ― 炉生まれのオリアードか他のエンチャント1つがあなたのコントロール下で戦場に出るたび、クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。炉生まれのオリアードはそれに1点のダメージを与える。

4/2


Kestia, the Cultivator / 耕作者、ケスティア (1)(緑)(白)(青)
伝説のクリーチャー エンチャント — ニンフ(Nymph)

授与(3)(緑)(白)(青)(このカードを授与コストで唱えたなら、これはエンチャント(クリーチャー)を持つオーラ(Aura)呪文である。クリーチャーにつけられていないなら、これは再びクリーチャーになる。)
エンチャントされているクリーチャーは+4/+4の修整を受ける。
あなたがコントロールしていて、エンチャントされているかエンチャントであるクリーチャーが1体攻撃するたび、カードを1枚引く。

4/4

初出はリミテッド・エディションシャノーディンのドライアド/Shanodin Dryads。しかし第6版再録時にシャノーディンのドライアドがドライアドに変更されて以来、長い間廃止されたクリーチャー・タイプとなっていた。 その後、ギリシャ神話をモチーフとしたテーロス・ブロックの登場に合わせ、14年の時を経て復活。多くの新種を獲得した。また、同時期のオラクル更新でシャノーディンのドライアドにもこのクリーチャー・タイプが再度与えられ、ニンフ・ドライアドとなった。

に存在する。テーロス・ブロックのニンフはいずれもクリーチャー・エンチャントで、サイクルを形成している。

伝説のニンフは耕作者、ケスティア/Kestia, the Cultivatorのみ。

  • ニンフはギリシャ神話に登場する精霊、あるいは下級女神のこと。ニュンペ、ニュンペーとも。住居によって様々な種別に分化しており、ドライアドもその一つ(木精)。Wikipedia:ja:ニュンペーも参照。

[編集] ストーリー

テーロス/Theros
テーロスのニンフはニクス/Nyxの魔法が吹きこまれた、神的に創造されたクリーチャー神々の意志によって創造され、同行者や使者、守護者、斥候として行動する[1]
  • アルセイド/Alseid - のニンフ。草地に住まう。動物の群れを保護し、他のどのニンフよりも人間の文明に寄り添っている。
  • ナイアード/Naiad - のニンフ。水辺に住まう。ニストスの森/Nistos Forestの清流やほら穴でよく見られるが、隠れ家的な地域を好み、隔離された渚や海岸に住処を作る。
  • ランパード/Lampad - のニンフ。エイスリオス/Athreos死の国/The Underworldへと死者を導くのを手助けしていると言われている。時折、紫の炎を燃やす松明を掲げている。
  • オリアード/Oread - のニンフ。人里離れた山の裂け目や火山の近くに住まう、最も攻撃的なニンフ。パーフォロス/Purphorosに好まれている。
  • ドライアド/Dryad - のニンフ。ニストス/Nistosとスコラ/Skolaの地域の至る所で見られる。

[編集] 参考

  1. Planeswalker's Guide to Theros, Part 3/プレインズウォーカーのための「テーロス」案内 その3(Feature 2013年9月4日 The Magic Creative Team著)
QR Code.gif